空き巣に入られたら

警察に通報

空き巣に入られたら犯人がいないことを確認したら、まずは警察に通報しましょう。
警察が到着すると現場検証を行いますので、到着までは部屋の中の物に触らないようにします。
警察がくるまでは現場保存をしておくようにし、そして警察がきたら指紋採取など一通りの現場検証が行われます。

また自分で犯人を捜すようなことはせずに、被害にあってもやたらとその状況を周囲の人に話すのは止めましょう。
このような行動は犯人を再びおびき寄せたりして、あなたの命も危険になることがあります。

警察と一緒に被害状況を確認するなら、何が盗まれているか把握しましょう。
普段は使わないようなアクセサリーなどが盗まれていることもあります。

警察に届け出る

一通り確認したら、今度は警察に盗難届を提出しましょう。
念のために盗難届はコピーをもらっておいた方が良いです。
盗難届の受理番号は、保険申請などで必要なので、忘れずに聞いておきましょう。
保険証が盗まれているなら、保険組合にも盗難届を出しましょう。
印鑑証明書や印鑑が盗まれた場合は、すぐに法務局へ盗難届を出して、使用停止と改印手続きをしていきましょう。
カードなどが盗まれた場合は、金融機関に盗難届を出して使用停止手続きをします。

空き巣と遭遇した場合

もしも家に帰ってきたとき、空き巣が家の中にいることが分かり相手が築いていない場合は、そっとすぐに家の外に逃げて警察に通報しましょう。
もしも空き巣と遭遇して相手がこちらに気づいたときは、たとえ護身用具になりそうなものが近くにあったとしても、無闇に空き巣と対決することは避けましょう。
相手がナイフなどを持っていることもあります。

まずは大声で周囲に空き巣が入っていることを叫んで知らせることがよく、大声を出すと空き巣は怯んで逃げることもあります。
空き巣がそのまま襲ってきた場合でも、出来るだけ逃げるようにして最大限戦うことは避けましょう。

防犯対策

窓などが壊されているなら、後で修理することとなります。
もしも鍵が壊されているなら、鍵が複製された可能性があるので、鍵ごと交換した方がいいでしょう。

鍵交換をする場合は、信頼の出来る業者を探して交換を頼むべきです。
安いからなどの理由で業者を選ぶと、何かトラブルになることもあり、最近は鍵業者とのトラブルも増えています。

また補助鍵や複製しにくい鍵に交換するなどのことを行い、空き巣が二度と入らないように防犯対策をしておきましょう。
また家を空けるときは、すべての窓の鍵を閉めるようにしましょう。
小さい窓だからと思って開けておくと、そこから空き巣に侵入されることもあります。
窓に付いている格子もあまり過信してはいけません。

補助錠

空き巣の侵入経路

空き巣が家の中に入る経路は、ドアの鍵をピッキングなどで開けて入る場合もありますが、全体の60%程は窓からの侵入になります。
家を開けるときは家の入り口のドアの鍵を閉めていく人は多いですが、窓は閉めていても鍵を開けっ放しにしていくという人もいるでしょう。

空き巣にとっては手軽に入れる経路であり、そこの住人がコンビニなどに行って30分家を空けただけでも空き巣が入ることもあります。
格子のある窓やブラインド状の窓でも、知識があれば簡単に外せるので危険です。
窓も鍵をしていてもこじ開けられることがあるので、そんな時に防犯性を高められるのが補助錠

場所別補助錠

補助錠を取付ける場合は、窓と窓が交差する真ん中に取付けます。
そうすることで、例え窓の一部を壊して鍵を開けられても、補助錠が窓を支えるので、容易に開けることは出来なくなります。
もちろん窓のガラスを全部割ってしまえば、侵入は可能ですが、空き巣は出来るだけ物音を立てずに静かに侵入したいので、窓ガラスを割るのは嫌います。
補助錠としての種類は、設置して鍵が壊れても窓が開かなくするタイプ、または窓が割れたりするとアラームが鳴るタイプがあり、このようなものを場所によって適した物を設置します。

・部屋の窓

部屋などの窓には、サッシやレールに取付けるタイプを使うと良いでしょう。
ガラス面に両面テープで取付けられるタイプもあります。
これらは工事も必要なく、住人が簡単に取付けられるので、手軽に防犯性を高めるのに有効です。
バルコニーなどでもこのようなタイプの補助錠を付けると良いです。

・風呂場の窓

風呂場の窓は人がやっと通れるぐらいな小さい窓を設置している家庭が多いでしょう。
格子を付けている家庭もありますが、力を少し入れると簡単に取れてしまいます。
風呂場は裏手にあることが多いので、ここから侵入されると気づきにくいです。
窓が割れたりしたらアラームが鳴るタイプの補助錠を設置しておくと良いでしょう。

・玄関

玄関に補助錠を取付けるとなると、今付いている鍵に、もう一つ鍵を増やすこととなります。
玄関の場合は、新たに鍵を増やすときは業者に頼んで設置してもらうこととなります。
鍵の種類にもよりますが、設置には1万円から3万円ぐらいがかかるとみておきましょう。
鍵タイプの他に暗証番号の鍵なども設置可能です。

チェーンやU字ロックの付いているドアもありますが、これらは防犯というよりは来客対応を安全に行うためのものです。
外からは簡単に開けることが可能であり、例えばチェーンなら切ってしまえばドアが開いてしまいます。
ドアには補助錠を付けるなら、一つ鍵を追加して設置しておきましょう。

ICロック型シリンダー

ICチップで開ける鍵

ICロック型シリンダーはICキーに対応したシリンダーであり、ICカードによって鍵が開くシステムです。
ICカードに埋め込まれたICチップと、シリンダーの方で情報を適合させることで鍵が開く仕組みとなっています。
カード型やキーホルダー型などがありますが、ICチップさえ使えればどのような形状の鍵でも使えます。
また既存の鍵も使えるハイブリットタイプもあります。

鍵として登録できるICは1つのみならず規格にもよりますが数百となりますので、複数の人で管理することもできます。
オートロック機能や不正解錠警報などの機能もあり、空き巣対策なども万全であり、外出時なども安心です。

設置する場合は、既存のシリンダーに被せるタイプ、大がかりでコストがかかる扉に埋め込むタイプ、扉にそのまま付けるタイプなどがあります。
もしも設置する場合は、自分の扉のタイプなどで選ぶと良いでしょう。
一番簡単なのが、今付いているシリンダーに被せるだけのタイプです。
もしもこのようなタイプなら、賃貸マンションなどでも設置可能です。

このタイプの鍵はホテルやオートロックマンションでは普通に使われていますが、通常のアパートなどではあまり見かけません。
ICチップさえあれば鍵になりますので、クレジットカードや携帯電話や社員証などを鍵とすることも出来ます。
鍵を開けるときは、ICカードをかざすだけで良いので、子供でもお年寄りでも誰でも簡単に扱えます。

IDの管理

ICロック型シリンダーを使用する場合には、ICチップにより管理が可能です。
解錠するとICに情報が記録されますので、ICキーをいつ使ったかがパソコンなどで履歴として見ることが出来ます。
また通常の鍵とのハイブリットタイプなら、通常の鍵で開けた記録も見られます。
また記録を見るだけでなく、それをUSBメモリーなどに保管することも可能であり、数年単位で記録を管理することも出来ます。

ICカードにIDを登録する作業は、専用ソフトと機材で行うことも出来、管理者がIDを発行することも出来ます。
ID発行はデータターミナルという機材を使用し、個別に管理も一括しての管理も可能です。

しかしICカードを使用するなら、考えるべき事はまずICカードを紛失しないようにすることです。
カード型なら財布などに入れて持ち歩くような場合は、無くしやすいので注意が必要です。
無くしてしまうと鍵を開けられなくなり部屋に入れません。
またIDも漏洩しないように管理せねばならず、管理者がセキュリティを保っての管理が重要と言えます。
もしもICカード自体を無くしたとなると、スペアキーを使うなどして一時的に解錠することとなるでしょう。