All posts by SLwor7uK

ディスクシリンダー錠

鍵を入れるシリンダー錠にも種類がある

当然ではありますが、鍵は、鍵穴に入れて施錠や開錠を行います。
鍵にも様々な種類があるように、それに対応した鍵穴、シリンダーにも、様々な種類がありますので、そのカギに対応したものを取り付ける必要があるでしょう。

シリンダー錠の中でも特に有名なのが、ディスクシリンダーです。
特に指定がなければ、こちらのディスクシリンダーが利用されていることが多く、多くのドア鍵に利用されているでしょう。
その名の通り、ディスク上のシリンダーを回すことでカギを開け閉めすることが出来、利用方法も非常に簡単だと言えるでしょう。
ディスクシリンダー錠は海外でも利用されていることが多く、最も一般的なシリンダーとして知られています。

その他にも、マグネットシリンダーやピンシリンダー、様々な種類のシリンダー錠があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。
形も一見同じようで、よく見ると全くの別物ですので、事前にどのタイプのシリンダーなのか、確認をしておくと良いでしょう。
シリンダーによって、鍵の形状や特徴そのものが異なる場合もありますので、比較をしてみることが大切です。

ディスクシリンダー錠は、流通量が最も多いシリンダー

ディスクシリンダー錠は最も市場への流通量が多く、一般家庭をはじめ、ホテルなどの宿泊施設、その他鍵のあるドアの多くが、こちらのタイプが多いでしょう。
近年では別タイプのシリンダー錠は増加傾向にありますが、新築ではない戸建てやマンションの場合は、ほとんどがこちらのタイプになります。

シリンダーそのものの鍵穴は縦方向に設置されており、鍵の両面は、ギザギザとした形をしています。

鍵といえばこの形状を思い浮かべる方も多く、メーカーでもほとんどの場所で取り扱いを行っているでしょう。
合鍵作成の際にもお断りをされることなく、早ければ数時間もかからずに作成できるケースが多いようです。

鍵の構造としては、取り付けられているディスクが、鍵を指すことで回るか回らないかを判断する仕組みとなっています。
鍵のギザギザ部分とディスク部分が合えばディスクが回るようになっており、鍵が開くようになっているのです。

防犯対策には他のシリンダー錠に変えることを検討してみて

そんな流通量が多いディスクシリンダーですが、そのままにしてしまうと実は非常に危険です。
流通量が多いこともあってか、ディスクシリンダー専門のピッキング技術を身に着けている犯人も多く、盗難被害にあいやすい形状として知られています。
防犯対策をするためにはできるだけ、他のシリンダー錠に変えることも検討してみると良いでしょう。

ですが、シリンダー錠を変えるにも、当然ですがお金がかかります。
また改めてカギそのものを交換しないといけませんので、決して安くはないでしょう。

シリンダーを変えることが出来なければ、その他の防犯対策と合わせて行うことが効果的です。
ピッキングをすると警報が鳴りだすセンサーやシステムの導入や、家の中にいるときは、別途つけることが出来る内鍵の利用もおすすめ。
賃貸の場合は事前に申請が必要ですが、原状復帰ができるようであれば、問題なく取り付けられることがほとんとでしょう。

もちろん、こうしたシステムを導入するにもお金がかかりますので、場合によっては、シリンダー交換をした方が安く済むこともあります。
お金に余裕があるようであれば、シリンダー交換と合わせて、こうした防犯対策を合わせて行うことで、より防犯効果を得ることが出来るでしょう。
防犯対策は合わせてセッティングすることで、より高い防犯効果を得て、いざという時に高い効果を発揮します。

『安全防犯生活術』

身近な危険を防ぐための術を学ぶ 安全防犯生活術

空き巣や強盗、スリや置き引きなどの盗難被害をはじめ、ストーカーやいたずら、詐欺など、日々生活をしているといつ何時自分が犯罪に巻き込まれるかわかりません。
特に、高齢者や子供、女性などの、か弱い存在をターゲットとして行われる犯罪は多く、日々、多くの犠牲者が生まれています。

極悪非道な犯罪から身を守るためには、犯罪に巻き込まれないように、日々の生活を見直すことが大切です。
日々の生活のどこを見直せば良いのかわからないという時におすすめしたいのが、安全防犯生活術という書籍でしょう。

安全防犯生活術では、日々の生活の中で行うことが出来る防犯対策や、防犯対策方法が多く掲載されています。
ちょっとしたことに気を配るだけで行うことが出来る防犯対策は多くありますので、書籍をチェックして、実践するだけで、高い防犯効果を得ることが出来るでしょう。

自分の身や家族の身を守るために心がけるべき基本的防犯術を多数掲載

安全防犯生活術では、自分の身の守り方はもちろんですが、どんな人でも行うことが出来る、防犯術が多数掲載されています。

自分自身は特に問題がないという場合でも、奥さまやお子さん、親御さんを守るために、防犯術を家族皆で学んでおくことが大切です。
防犯術を共有して学んでおくだけで、犯罪に巻き込まれる可能性が減少し、大切な家族の身を守ることにも繋がるでしょう。

防犯対策を共有するためには、このように書籍化されているものを読んで、知識や情報を共有しておくことが大切です。
自分と離れている時でも、事前に情報共有した防犯対策を行っていたことで、家族が犯罪に巻き込まれずに済んだというケースも多くあります。

目的別防犯グッズカタログ付きで安心安全

この安全防犯生活術の書籍の中には、防犯グッズカタログも付属されており、自分たちの生活に役立ちそうな防犯アイテムを、チェックすることが可能です。

どんな人にどんな防犯アイテムがおすすめなのか、目的別に合わせて紹介されているため、非常にわかりやすいでしょう。

紹介されている防犯アイテムは、当然購入することが可能なアイテムです。
お値段はアイテムによってピンキリですが、商品によってはネット購入することが出来るものもありますので、目的に合わせて購入をしても良いでしょう。

このように、日々の安全を守るための知識を身に着けることが出来るのが、安全防犯生活術です。
書籍自体は読みやすく、テクニックが項目別に記載されていますので、必要に応じてページを簡単に読み返すことが出来るでしょう。

防犯対策をする目的をよく考えて、皆で情報共有できるように心がけてみてください。

『ライフスタイルWoman360°』

一人暮らしの女性必見!Woman360°とはどんな本?

一人暮らしの女性を狙った凶悪な犯罪は後を絶たず、女性でも、自分の身は自分で守れるようにしないといけない時代となりました。
日頃から夜遅くまで外出をすることが多いという女性をはじめ、防犯に関してどのような対策をすれば良いのかわからないという方にお勧めなのが、「Woman360°」という本です。

こちらの本では、働く女性を中心に、一人暮らしをしている女性がいかに防犯対策を行うべきが、どんな防犯対策があるのかが紹介されています。
鍵を閉める、チェーンをかけるなどのありきたりな防犯対策だけではなく、実際の生活をする際に心がけるべき重要なポイントが記されていることが特徴です。

この本の執筆者は、セキュリティ会社でおなじみの、セコムで働く女性社員。
日々人々の安全を守り、セキュリティに関しての専門的知識を身に着けている女性たちが、実際に生活をする際に役立つ技術や知識を、惜しみなくアドバイスしています。

読者自身がどんな防犯対策をするべきかをわかりやすくするために、チャート式で読者のタイプを診断できる機能を付けたことも特徴的。
自分に足りていない防犯知識、より生活スタイルに密着した防犯知識を得ることが出来るため、実践に生かしやすいといえるでしょう。

働く女性にこそおすすめの本です

とはいえ、働く女性は読書をしている暇すらなかなか取れないという方が多いもの。
あまり細かい文字を追っていると、仕事の疲れもあって、途中で寝てしまうという方も少なくありません。

ですがこの本は、どんな人でも読みやすいように、ブログ風の文章を心がけて、ちょっとした空き時間で簡単に読めることが特徴の一つです。
キャラクターやグラフなどをたっぷりと載せることで、しっかりと防犯対策を学ぶことが出来ながら、読みやすい本として仕上げられています。
日頃から読書をあまりせず苦手という方、本を読んでいる時間があまり無いという方にもぴったりですので、サクサク防犯知識を手に入れたい女性におすすめです。

日々安心安全に暮らすために心がけなければいけないことを学びましょう

女性はどうしても力が弱く、犯罪被害に巻き込まれやすい存在です。
ですが、日々ちょっとした防犯対策さえしていれば、犯罪に巻き込まれる可能性をほぼゼロにできるといえるでしょう。

ちょっとした工夫や、心がけることを学ぶだけで、安全を得ることが出来ると言っても過言ではありません。
日頃のライフスタイルを見直して、防犯対策をするためにも、手軽に取り組むことが出来る防犯本を読み始めてはいかがでしょうか。
ちょっとした知識と工夫が、あなたの命を守るきっかけとなるかもしれません。