書籍:狙われない!10のシニア防犯生活術

slwor7uk

シニア向けの防犯対策本

今は時代が変わり、一人暮らしのお年寄りがとても多くなりました。
昭和の時代は、長男が結婚をしたら実家に同居をして親の面倒を見るということが当たり前でしたが、今はもうそのようなことがなくなっています。

だからこそ、一人暮らしのお年寄りが増加して、安全を守ることが難しくなってきています。当たり前のことですが、泥棒も入る家を選びます。屈強な男性の一人暮らしより、お年寄りの一人暮らしを狙うのは当たり前と言えるでしょう。

その様な1人暮らしのお年寄りを守るための防犯対策が、この本に集約されています。
もしあなたが一人暮らしなら、この本はとっても役にたつはず。
この本はセコムにつとめて実際に「防犯」について学んだ人が執筆をしていますので、内容にもかなりの説得力があります。「防犯」について学びたい人に、一度はオススメをしたい本です。

家の木やガーデニングに注意してください

自宅の庭をチェックしていください。
特にガーデニングをしている人の場合、外から様子が見えないようになっていませんか?
一戸建ての場合、道路から生活空間が丸見えになってしまうケースもあるために「木や植木をうえて見えないようにするということがありますよね。でも、これが命取りだとこの本では指摘をしています。

なぜなら、ガーデニングなどをしてしまうと「外から様子がみえなくなるため、泥棒が入っても外から不審者が入っているとは気づかれにくい」ということがあるため。家のためにやったことが、気づかないうちに泥棒のためのメリットになってしまっているのです。このようなことがないように、家の木などには十分注意してください。できれは低めの木を植えるとか、そういうことを徹底してくださいね。

洗濯物に注意

よくいわれるのが、洗濯物のことです。
洗濯ものがおんなものばかりだと「ここは女物が多いから女性しか住んでいない」と狙いをつけられ、犯罪にはいられてしまうということもあります。

靴も同じ。玄関に女物の靴しかないのと、男物もあるのとでは、やはり泥棒の意識が全く違ったものになります。
表札に関しても、表札に男性の名前があった方がいいでしょうね。
このようなことに気を付けて、家のことをもう一度考え直してみて下さい。

洗濯ものは男性のものも干すこと、靴は男性物を用意すること。これだけでもだいぶ防犯の可能性が高くなります。細かいことと言われるかもしれませんが、泥棒に入られるよりはましと思って頑張って考えてみて下さいね。
逆にいえば、この小さい工夫が泥棒をよけるためには必要なことなのです。工夫はまず小さいことからはじめましょう。