Category Archives: 鍵・錠前の紹介

ディスクシリンダー錠

鍵を入れるシリンダー錠にも種類がある

当然ではありますが、鍵は、鍵穴に入れて施錠や開錠を行います。
鍵にも様々な種類があるように、それに対応した鍵穴、シリンダーにも、様々な種類がありますので、そのカギに対応したものを取り付ける必要があるでしょう。

シリンダー錠の中でも特に有名なのが、ディスクシリンダーです。
特に指定がなければ、こちらのディスクシリンダーが利用されていることが多く、多くのドア鍵に利用されているでしょう。
その名の通り、ディスク上のシリンダーを回すことでカギを開け閉めすることが出来、利用方法も非常に簡単だと言えるでしょう。
ディスクシリンダー錠は海外でも利用されていることが多く、最も一般的なシリンダーとして知られています。

その他にも、マグネットシリンダーやピンシリンダー、様々な種類のシリンダー錠があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。
形も一見同じようで、よく見ると全くの別物ですので、事前にどのタイプのシリンダーなのか、確認をしておくと良いでしょう。
シリンダーによって、鍵の形状や特徴そのものが異なる場合もありますので、比較をしてみることが大切です。

ディスクシリンダー錠は、流通量が最も多いシリンダー

ディスクシリンダー錠は最も市場への流通量が多く、一般家庭をはじめ、ホテルなどの宿泊施設、その他鍵のあるドアの多くが、こちらのタイプが多いでしょう。
近年では別タイプのシリンダー錠は増加傾向にありますが、新築ではない戸建てやマンションの場合は、ほとんどがこちらのタイプになります。

シリンダーそのものの鍵穴は縦方向に設置されており、鍵の両面は、ギザギザとした形をしています。

鍵といえばこの形状を思い浮かべる方も多く、メーカーでもほとんどの場所で取り扱いを行っているでしょう。
合鍵作成の際にもお断りをされることなく、早ければ数時間もかからずに作成できるケースが多いようです。

鍵の構造としては、取り付けられているディスクが、鍵を指すことで回るか回らないかを判断する仕組みとなっています。
鍵のギザギザ部分とディスク部分が合えばディスクが回るようになっており、鍵が開くようになっているのです。

防犯対策には他のシリンダー錠に変えることを検討してみて

そんな流通量が多いディスクシリンダーですが、そのままにしてしまうと実は非常に危険です。
流通量が多いこともあってか、ディスクシリンダー専門のピッキング技術を身に着けている犯人も多く、盗難被害にあいやすい形状として知られています。
防犯対策をするためにはできるだけ、他のシリンダー錠に変えることも検討してみると良いでしょう。

ですが、シリンダー錠を変えるにも、当然ですがお金がかかります。
また改めてカギそのものを交換しないといけませんので、決して安くはないでしょう。

シリンダーを変えることが出来なければ、その他の防犯対策と合わせて行うことが効果的です。
ピッキングをすると警報が鳴りだすセンサーやシステムの導入や、家の中にいるときは、別途つけることが出来る内鍵の利用もおすすめ。
賃貸の場合は事前に申請が必要ですが、原状復帰ができるようであれば、問題なく取り付けられることがほとんとでしょう。

もちろん、こうしたシステムを導入するにもお金がかかりますので、場合によっては、シリンダー交換をした方が安く済むこともあります。
お金に余裕があるようであれば、シリンダー交換と合わせて、こうした防犯対策を合わせて行うことで、より防犯効果を得ることが出来るでしょう。
防犯対策は合わせてセッティングすることで、より高い防犯効果を得て、いざという時に高い効果を発揮します。

補助錠

空き巣の侵入経路

空き巣が家の中に入る経路は、ドアの鍵をピッキングなどで開けて入る場合もありますが、全体の60%程は窓からの侵入になります。
家を開けるときは家の入り口のドアの鍵を閉めていく人は多いですが、窓は閉めていても鍵を開けっ放しにしていくという人もいるでしょう。

空き巣にとっては手軽に入れる経路であり、そこの住人がコンビニなどに行って30分家を空けただけでも空き巣が入ることもあります。
格子のある窓やブラインド状の窓でも、知識があれば簡単に外せるので危険です。
窓も鍵をしていてもこじ開けられることがあるので、そんな時に防犯性を高められるのが補助錠

場所別補助錠

補助錠を取付ける場合は、窓と窓が交差する真ん中に取付けます。
そうすることで、例え窓の一部を壊して鍵を開けられても、補助錠が窓を支えるので、容易に開けることは出来なくなります。
もちろん窓のガラスを全部割ってしまえば、侵入は可能ですが、空き巣は出来るだけ物音を立てずに静かに侵入したいので、窓ガラスを割るのは嫌います。
補助錠としての種類は、設置して鍵が壊れても窓が開かなくするタイプ、または窓が割れたりするとアラームが鳴るタイプがあり、このようなものを場所によって適した物を設置します。

・部屋の窓

部屋などの窓には、サッシやレールに取付けるタイプを使うと良いでしょう。
ガラス面に両面テープで取付けられるタイプもあります。
これらは工事も必要なく、住人が簡単に取付けられるので、手軽に防犯性を高めるのに有効です。
バルコニーなどでもこのようなタイプの補助錠を付けると良いです。

・風呂場の窓

風呂場の窓は人がやっと通れるぐらいな小さい窓を設置している家庭が多いでしょう。
格子を付けている家庭もありますが、力を少し入れると簡単に取れてしまいます。
風呂場は裏手にあることが多いので、ここから侵入されると気づきにくいです。
窓が割れたりしたらアラームが鳴るタイプの補助錠を設置しておくと良いでしょう。

・玄関

玄関に補助錠を取付けるとなると、今付いている鍵に、もう一つ鍵を増やすこととなります。
玄関の場合は、新たに鍵を増やすときは業者に頼んで設置してもらうこととなります。
鍵の種類にもよりますが、設置には1万円から3万円ぐらいがかかるとみておきましょう。
鍵タイプの他に暗証番号の鍵なども設置可能です。

チェーンやU字ロックの付いているドアもありますが、これらは防犯というよりは来客対応を安全に行うためのものです。
外からは簡単に開けることが可能であり、例えばチェーンなら切ってしまえばドアが開いてしまいます。
ドアには補助錠を付けるなら、一つ鍵を追加して設置しておきましょう。

ICロック型シリンダー

ICチップで開ける鍵

ICロック型シリンダーはICキーに対応したシリンダーであり、ICカードによって鍵が開くシステムです。
ICカードに埋め込まれたICチップと、シリンダーの方で情報を適合させることで鍵が開く仕組みとなっています。
カード型やキーホルダー型などがありますが、ICチップさえ使えればどのような形状の鍵でも使えます。
また既存の鍵も使えるハイブリットタイプもあります。

鍵として登録できるICは1つのみならず規格にもよりますが数百となりますので、複数の人で管理することもできます。
オートロック機能や不正解錠警報などの機能もあり、空き巣対策なども万全であり、外出時なども安心です。

設置する場合は、既存のシリンダーに被せるタイプ、大がかりでコストがかかる扉に埋め込むタイプ、扉にそのまま付けるタイプなどがあります。
もしも設置する場合は、自分の扉のタイプなどで選ぶと良いでしょう。
一番簡単なのが、今付いているシリンダーに被せるだけのタイプです。
もしもこのようなタイプなら、賃貸マンションなどでも設置可能です。

このタイプの鍵はホテルやオートロックマンションでは普通に使われていますが、通常のアパートなどではあまり見かけません。
ICチップさえあれば鍵になりますので、クレジットカードや携帯電話や社員証などを鍵とすることも出来ます。
鍵を開けるときは、ICカードをかざすだけで良いので、子供でもお年寄りでも誰でも簡単に扱えます。

IDの管理

ICロック型シリンダーを使用する場合には、ICチップにより管理が可能です。
解錠するとICに情報が記録されますので、ICキーをいつ使ったかがパソコンなどで履歴として見ることが出来ます。
また通常の鍵とのハイブリットタイプなら、通常の鍵で開けた記録も見られます。
また記録を見るだけでなく、それをUSBメモリーなどに保管することも可能であり、数年単位で記録を管理することも出来ます。

ICカードにIDを登録する作業は、専用ソフトと機材で行うことも出来、管理者がIDを発行することも出来ます。
ID発行はデータターミナルという機材を使用し、個別に管理も一括しての管理も可能です。

しかしICカードを使用するなら、考えるべき事はまずICカードを紛失しないようにすることです。
カード型なら財布などに入れて持ち歩くような場合は、無くしやすいので注意が必要です。
無くしてしまうと鍵を開けられなくなり部屋に入れません。
またIDも漏洩しないように管理せねばならず、管理者がセキュリティを保っての管理が重要と言えます。
もしもICカード自体を無くしたとなると、スペアキーを使うなどして一時的に解錠することとなるでしょう。