Category Archives: 歴史を学ぶ

鍵の歴史を紹介したサイト

人は何か守りたいものや財産があるときに鍵をかけます。
鍵にはとても古い歴史があり、人々の生活や産業の発展とともに進化してきました。
こちらのサイトには鍵にまつわる興味深い歴史がありますので、ぜひチェックしてみてください。
http://www.goal-lock.com/jyoumaette/rekisi/REKISI.htm鍵が初めて登場したときは有史以前で人々は革の紐の結び目を複雑にして、それを鍵として利用していたようです。
作物を栽培して貯蔵できるようになると富や財産が生まれ、文明がうまれ発展するようになります。
現在に近い形で鍵が誕生したのが紀元前2000年前のエジプトです。
エジプト文明では既に現在のシリンダー錠と近い原理の鍵を既に使っていたというので驚きです。
ただしまだ金属ではなく木製のものだったので、その点は脆かったとも言えますが、権力者などの財産を守るのに珍重されました。
そして時代が遡りギリシャ時代になると、鍵は一般の市民にも使われるようになり、家のドアに木製や革製の鍵をかける習慣が生まれたといいます。
ギリシア時代にはエジプト錠を改良したパラノス錠と呼ばれる鍵が登場しより強固な守りができるようになりました。
ローマ時代になるといよいよ金属製の鍵が登場します。
鉄で作られた南京錠はこの時代に登場したもので、中国から日本にも渡り南京錠として広まりました。
南京錠はかんぬきを差し込むとバネが掛かり鍵がかかるという単純なものですが当時大変流行しました。
中世ヨーロッパの時代になると鍵の装飾が施され、鍵自体がより優雅で高級な意味のあるものになっていきました。
中世のウォード錠は錠前の中にある突起が特定の鍵以外の侵入と回転を拒むもので、錠前ごとに特定の鍵でしか開錠できないというものです。
時代が進み産業革命の訪れとともに鍵も進化してほどなくして現代の鍵と同じような構造になったのです。
棒状の鍵を差し込んでタンブラーを回転して開場させるタンブラー錠は現在でも多く使われていますし、壁に固定されたシリンダーを鍵で回転させるシリンダーも一般家屋の玄関で活躍しています。
現代ではさらに鍵は複雑化してさまざまな防犯対策を施されたものが出ています。
ナンバー式のオートロックや、金属製の鍵を使わずデータを鍵とする非接触性のカードキーなど、高い技術力やアイディアで管理が楽で財産と安全を守る工夫がされている最新の鍵が誕生しているのです。

鍵の歴史がわかるサイト

鍵というのはどのようなタイミングで誕生し、現在までどのような形で進化を遂げてきたのかと不思議に思う方も多いでしょう。

鍵は非常に古い歴史を持っており、専門的な研究者がいるくらい深い学問として研究されているのです。
インターネットのサイトはとてもわかりやすく、鍵が歴史上どのような経緯をたどって現在の形になっているのか、
現在どんな鍵の形が登場しているのかまで全てはっきりわかるのが大きな特徴となっています。

様々な鍵の歴史を理解することができるので、自分達で持っている鍵に対しての知識を知ることにもつながります。
さらに鍵の刻みと言うものがどのようなものなのか、鍵穴がどういったものなのかを明確に知ることができるでしょう。
以前は縦穴だったのに、現在では横穴になっていることが少なくない鍵が多数存在しているので、大変魅力的です。
世界的な鍵の歴史をたどっていくとエジプトにたどり着くのですが、実は日本の古来の鍵の歴史に対しても大変わかりやすく、
読みやすい記事がかかれており、鍵を手に入れるためには大変魅力的な部分がたくさんあるところも大きな特徴となっています。

鍵が昔は王侯貴族だけのものであったことや、
日本の鍵の歴史が大きく変容した理由など明確に書かれているところも大きな特徴となっています。
利便性の高い部分が姿勢に広まっていった理由やポイントなどを、
洵を追ってみることができるのはとてもありがたいことです。

また、現代多くの鍵師と呼ばれている鍵の専門家が多く存在していますが、
彼らはどうしてそのように呼ばれているのか、どんな勉強を経てそうなったのかなどをわかりやすく紹介しています。
民間資格である鍵師だからこそ、お客さんが安心して鍵のことを任せられるように、
専門学校に入学し、何年もの修行を経てから独立する人なども少なくありません。

鍵を適切に扱ってくれる方法や、現在の最新式のセキュリティまで学び取ることによって、
適切にスキルアップを高める方法に結び付けられる紹介をしているのです。
安心して納得できる学習ができ、鍵に対しての意識を高めることにもつながるサイトとして、多くの人が役立てています。

知識を正しく使い、鍵を適切に使いこなすことによって、鍵の持つ機密性を生かせるばかりではなく、
自分達で効率よく鍵を使うことによって、セキュリティ面をさらに適切に高めることにもつながります。
詳しい情報はこちらに掲載されていますので、ぜひご覧ください。
→http://www.bcndesperta.net/

文明・文化を紐解いていこう

人類の文明というのは4000年前から始まったと言われています。
人類史は4000年前から始まったと言っても良いでしょう。
その長い月日を重ねていくつもの文化が生まれては消え、生まれては消えの繰り返しを経て現在に至るのです。
私たちはその文化の生まれ変わりを経た今の文化を生きているのです。
古代からある文化・文明というのは、いろんな視点・アイテムから紐解いていくことができます。
文化・文明という名前を見てのとおり、文字とは切り離せない関係にあり、現在にも繋がっているのです。

さらに、文化の成り立ちには陶器や絵画や彫刻や書や音楽といった美術にも大きな影響を与えていったのです。
その美術は至るところに反映されています。
それは食事の茶碗や着るものやアクセサリーなどもあります。
些細なものから大昔の文化を知ることもできるのです。
そのため、考古学があり、昔の文明があった地で発掘を続けているのでしょう。
その考古学のなかで意外にも鍵と錠というのが貴重な手がかりとなることがあります。

なぜならば、古代では鍵と錠を作るには当時の最先端であり、一定以上の権力者でなければ所有することができなかったからです。
そのため、鍵や錠というのは権力のシンボルとして扱われることもあり、その鍵や錠に美術的デザインを凝らしていることも多いのです。

このように、鍵や錠から昔の文化や文明を知る手がかりが見つかることがよくあります。
最古の鍵というのは4000年前、つまり人類の文明の始まりから出土されました。
つまり、人類というのは文明と鍵とともに歩んできたといっても決して言い過ぎではないでしょう。
それほど人類にとって鍵は欠かせない存在だったのです。
その鍵の視点から文明・文化を知ってみたいと思っている人は、ぜひニューサイエンス社が発行した
『古代の鍵(考古学ライブラリー)』(著者:合田芳正)を読んでみるといいでしょう。
この書籍には日本古代の遺跡から出土した鍵を大きく2つに大別して分類・検討しているのです。
さらに、文献に表れた鍵についても深く検討して、古代の鍵のあり方を追求しているのです。
このように、日本の古代の鍵について深く知ることができるでしょう。
これを読み続けていくと鍵をかけるのはモノに対する所有の意志の強い主張であることを実感することができるでしょう。
また文明・文化の進化とともに鍵・錠もまた進化していった経緯も見て取ることができます。
そのため、今まで知らなかった鍵や錠の価値観を見出すことができるはずです。

そして、今まで何気なく使っていた普通の鍵に対しても特別な愛着が生まれてくる可能性もあります。
14年前に発行された書籍ですが、その学術的な価値から当初の販売価格よりも2倍以上の値段で
取り引きされるくらい多くの人々から高い評価を受けているのです。
ぜひ、購入とはいかずとも、一人でも多くの人々に手にとって読んでほしい書籍の一つです。