Category Archives: マニュアル系

子供に防犯教育②

お子さんにカギを持たせる際には、徹底した転落防止対策を

親御さんが共働きで、お子さんに留守番をしておいてもらわなければいけないという場合。
小学生のお子さんの場合は特に、まだまだ注意不足な点が多く、危険に巻き込まれる可能性も多いため、十分注意をする必要があるでしょう。

注意するポイントの一つ目は、鍵を落としてしまわないように対策をすることです。
鍵持たせる際には必ず、ランドセルの内側のポケットに、万が一飛び出しても安心なように、キーホルダーなどに通して、ランドセルのチャックにつけた状態でしまっておきましょう。
周囲からはカギを持っていることがわからないように、必ず見えないようにしておくことが大切です。

首から紐でぶら下げさせるという方法もよく聞きますが、実はこれは非常に危険です。
首の紐が遊具などに引っかかることによって発生する死亡事故なども少なくありませんので、絶対にやめましょう。

お子さんが犯罪に巻き込まれないためにも、鍵の扱いに注意

鍵を持っているお子さんを狙った犯罪というものは、実は少なくありません。
帰宅直後のカギを開けた瞬間を見計らって、強盗をするという犯人や、お子さんが落としたカギを拾って、空き巣に押し入るというケースもあります。
お子さんの安全を守るためにも、鍵の扱いには十分注意するように言い聞かせましょう。

また、鍵をお子さんに預けるだけが方法ではありません。
鍵付きの家のポストに入れておいて、帰宅後ポストを自分で開けさせるという方法や、ご近所さんにカギを預けておくという方法もあるでしょう。
鍵を持たせないということも一つの防犯対策ではありますので、工夫をしてみてください。

お子さんが家に入る際、入った後も、十分注意をするようにしましょう。
鍵を出す前には、周囲に人がいないかどうかを確認して、素早くカギを出して、家の中に入ることが大切です。
また、家に入ったときにただいまと言うことで、人が家にいるように見せかけることが出来るでしょう。
家に入った後は、必ずカギをかけさせる習慣も、忘れないようにしてください。

鍵はとにかく見えないように、周囲にばれないようにさせましょう

鍵を持ち歩いていると、お子さんはついつい、周囲のお友達に自慢してしまいがちですが、実はそれは非常に危険です。
どこから情報がもれて、犯罪に巻き込まれてしまうかわかりませんので、鍵を持たせる際には、とにかく隠させましょう。

また、鍵は見えるところにつけておかずに、一見見えない鞄の中などにしまっておくことが大切です。
しっかり閉まっておくことで、落とす可能性を下げることもできますので、鍵を持たせる際には必ず、鍵の扱い方を事前に確認をしあうように心がけましょう。

鍵のピッキングについて紹介したサイト

犯罪の件数そのものは減少傾向にあるものの、犯罪そのものが年々凶悪化する傾向にあります。
景気が回復すると言われるものの、私達庶民は未だその恩恵に与っていません。
厳しい不況の真っ只中にあり、毎日のように倒産したり、民事再生法の適用を申請する企業が後を絶たない今、悪質な犯罪に巻き込まれないように、自分の身は自分で守る必要があります。
給料やボーナスがカットされ、低所得層の割合だけではなく、失業者の数も増えています。
それに比例するかのように、自宅や店舗が空き巣や泥棒に入られてしまい、金目のものを盗まれるケースが急増中です。
とりわけ増えているのが、ピッキングによる被害です。
これは都市部だけではなく、地方でも増加傾向にあり、その被害に遭わない為にも対策が急務と言えます。
そもそもピッキングとは、特殊な工具を用いてシリンダー部分を操作し、鍵を解錠する方法の事です。
私達一般の人間は鍵を使う事無く、開錠出来る等とは夢にも思いませんが、現実にそれが可能なプロフェッショナルが存在しますので注意が必要です。
ピッキングの場合、鍵そのものを破壊し住居に侵入するわけではありません。
ですから大きな音をたてる事がありませんので、ご近所の方に見つかる可能性も低く、短時間で行い、素早く侵入出来てしまう可能性があります。
ピッキングで侵入され被害に遭ったとしても、鍵が壊れているわけでもないので、被害に遭った事そのものに気づきにくい側面もあるのです。
ピッキングの被害に遭う前に、防犯性の高い鍵に交換しておく事をお勧めします。
鍵業界大手の日本ロックでは、ピッキングだけではなく、ピッキングや破壊に強い防犯性の高い鍵も紹介されていますよ。
http://www.nihonlock.jp/sub2/sub2.htm
有名メーカーのものから、耐攻撃性能が高いものまで、幅広く取り扱っているのです。
性能が高いだけではなく、私達が手に入れやすい安価なものまでラインナップが豊富で、目的に応じて必要な鍵を選ぶ事が出来ます。
保証も充実しており、工事をした後も安心感を持って生活を送る事が期待されているのです。
全品無開封状態の商品ばかりを取り扱っているので、安心して任せられるだけではなく、実績も豊富なので、留守中や就寝中にピッキングの被害に遭う心配というものが、大幅に軽減出来るかもしれません。
現場のスタッフだけではなく、社員が一丸となって、本当に安心出来るものを提供したいと努力を重ねているのが日本ロックなのです。

鍵の種類を紹介したサイト

鍵の種類を紹介したサイトをお探しなら、こちらのサイトが役に立ちます。
http://key-and-lock.joo-hoo.com/
色々な鍵についての紹介が書かれています。

セキュリティの基本といえば、昔も今も鍵・錠前です。
防犯対策の基本でありながら、最も効果の高いものです。
一般住宅のほか、事務所、ショップ、クルマ、バイク、自転車、金庫などにも使用されており、生活においてなくてはならないものとなっています。
防犯対策の基本は鍵ですが、犯罪者の技術の向上により、古い鍵・錠前だとカンタンに開錠される可能性もあります。
セキュリティ向上のためには、定期的な鍵・錠前の取り替えが必要だと言えるでしょう。
新しい鍵・錠前を作るときは、複製の難しいものにしたいものです。
カンタンに複製できるものは、プロの手にかかれば開錠もカンタンに行えます。
印鑑の文字体が複雑である理由も、複製を難しくするためであり、鍵・錠前にも同じことが言えるのです。

複製の難易度が高い鍵には、ディンプルキー、レーザーキーなどがあります。
ホームセンターで複製してもらおうとしても、断れることが多いはずです。
こうした鍵は防犯性能が高いため、セキュリティ対策として重宝するでしょう。

カンタン構造の鍵には、ウォード鍵があります。
非常に安価であるメリットはありますが、開錠が楽に行えるというデメリットもあり、セキュリティの観点からはおすすめできません。

私たちがよく使用しているタイプは、シリンダー鍵と呼ばれるものです。
シリンダー鍵にはさまざまな種類があり、代表的なものにはディスクシリンダー、ロータリーディスクシリンダー、ピンシリンダー、マグネットタンブラーシリンダーなどがあります。

鍵のなかには、鍵の形をしていないものもあります。
暗証番号鍵は、暗証番号を入力することで、ロックが解除するものです。
比較的安全性の高いシステムですが、暗証番号が漏洩するとカンタンに開錠できるというリスクもあります。
犯罪者のほとんどはプロであり、暗証番号入力時の手の動きで番号を読み取ることができます。
付近に人がいるときは、手の動きを悟られないように工夫するべきでしょう。

セキュリティの基本となる鍵は、紛失しないように注意する必要があります。
万が一紛失した場合は、鍵・錠前を交換したほうが無難でしょう。
プロは5分以内に開錠・侵入が可能であり、ちょっと留守居にしている間に泥棒に入られる可能性もあります。
特に周辺からの見通しの悪い住宅は、空き巣に狙われやすいので注意が必要です。