2WAYロータリーシリンダー・リバーシブルキー

slwor7uk

防犯性が高い

2WAYロータリーシリンダー・リバーシブルキーはPRシリンダーとも呼ばれており、MIWAロックの製品です。
一般的な鍵の形状とは少し違い、タンブラーはメインタンブラーとサイドタンブラーの2種類の構造から出来ており、通常の鍵にリバーシブルタイプの鍵を合わせた形状の鍵となっています。

全てのタンブラーが同時に回らないと、鍵を開けることが出来ませんので、アンチピッキングタンブラーを採用し、ピッキング対策には大変有効な鍵です。
さらには鍵を不正解錠する場合は、ドリルでピンごと破壊するという方法もありますが、ドリルにも抵抗力がありますので、ドリルで破壊されにくくなっています。
シリンダーのグレードは3種類あるので、取付け場所に合わせて選ぶと良いでしょう。

メインとサブタンブラーの2つの構造から出来ているので、コピーしにくい防犯性の高い鍵です。
また耐久性も高く、摩耗しにくい鍵なので、何度も使用するような場所にも最適となっています。
リバーシブル構造であり、上下どちらの向きにしても鍵は開きますので、間違えることもなく使いやすい鍵です。
方向を間違えることもなく、抜き差しもしやすいので、子供やお年寄りでも簡単に使えます。

更に使いやすくしたPR-Jシリンダー

PR-JシリンダーはPRシリンダーと同じような構造であり、同じような特徴を持った鍵です。
同じようにメインシリンダーとサブシリンダーの2WAY構造となっており、通常の鍵にリバーシブルタイプを組み合わせた形状です。
摩擦や埃にも強く、ロッキングバーやアンチピッキングタンブラーを使用しておりピッキング対策もされています。
防犯性が高いので玄関などに最適です。

ロッキングバーは、キーがシリンダーから抜かれている時は、溝にはまりシリンダーの回転を妨げますので、キーが刺さってないと鍵を開けることは出来ません。
ピッキングしようとしても、正しい位置にピンが納まっているか感覚で伝わりにくいために、ピッキングしにくくなっているのです。

最近ではロッキングバーの切り欠きがロッキングバー本体の1個のみならず、全ての箇所にダミーの切り欠きがあるタイプもあります。
このようなタイプのシリンダーでは、正しい切り欠きよりも少しだけ浅くなっており、ロッキングバー自体はそこの切り欠きでも動きますが、位置が浅いので引っかかってダミーの切り欠きではシリンダーが回らないのです。

PRシリンダーよりも鍵の差し込み口はすり鉢状になっており、差し込みやすくなっており使いやすいです。
さらには、差し込み口には蓄光部品が使われており、夜中や暗いときはその部分が光りますので、明かりがないときでもキーを挿すことが出来使いやすくなっています。