補助錠

slwor7uk

空き巣の侵入経路

空き巣が家の中に入る経路は、ドアの鍵をピッキングなどで開けて入る場合もありますが、全体の60%程は窓からの侵入になります。
家を開けるときは家の入り口のドアの鍵を閉めていく人は多いですが、窓は閉めていても鍵を開けっ放しにしていくという人もいるでしょう。

空き巣にとっては手軽に入れる経路であり、そこの住人がコンビニなどに行って30分家を空けただけでも空き巣が入ることもあります。
格子のある窓やブラインド状の窓でも、知識があれば簡単に外せるので危険です。
窓も鍵をしていてもこじ開けられることがあるので、そんな時に防犯性を高められるのが補助錠

場所別補助錠

補助錠を取付ける場合は、窓と窓が交差する真ん中に取付けます。
そうすることで、例え窓の一部を壊して鍵を開けられても、補助錠が窓を支えるので、容易に開けることは出来なくなります。
もちろん窓のガラスを全部割ってしまえば、侵入は可能ですが、空き巣は出来るだけ物音を立てずに静かに侵入したいので、窓ガラスを割るのは嫌います。
補助錠としての種類は、設置して鍵が壊れても窓が開かなくするタイプ、または窓が割れたりするとアラームが鳴るタイプがあり、このようなものを場所によって適した物を設置します。

・部屋の窓

部屋などの窓には、サッシやレールに取付けるタイプを使うと良いでしょう。
ガラス面に両面テープで取付けられるタイプもあります。
これらは工事も必要なく、住人が簡単に取付けられるので、手軽に防犯性を高めるのに有効です。
バルコニーなどでもこのようなタイプの補助錠を付けると良いです。

・風呂場の窓

風呂場の窓は人がやっと通れるぐらいな小さい窓を設置している家庭が多いでしょう。
格子を付けている家庭もありますが、力を少し入れると簡単に取れてしまいます。
風呂場は裏手にあることが多いので、ここから侵入されると気づきにくいです。
窓が割れたりしたらアラームが鳴るタイプの補助錠を設置しておくと良いでしょう。

・玄関

玄関に補助錠を取付けるとなると、今付いている鍵に、もう一つ鍵を増やすこととなります。
玄関の場合は、新たに鍵を増やすときは業者に頼んで設置してもらうこととなります。
鍵の種類にもよりますが、設置には1万円から3万円ぐらいがかかるとみておきましょう。
鍵タイプの他に暗証番号の鍵なども設置可能です。

チェーンやU字ロックの付いているドアもありますが、これらは防犯というよりは来客対応を安全に行うためのものです。
外からは簡単に開けることが可能であり、例えばチェーンなら切ってしまえばドアが開いてしまいます。
ドアには補助錠を付けるなら、一つ鍵を追加して設置しておきましょう。