バイオメトリックス錠

slwor7uk

バイオメトリックス錠は近未来的キー?

バイオメトリックス錠は、生体認証キーのことで、事前に登録をした生体認証プログラムと適応した場合、鍵が開くシステムとなっています。
鍵は自分自身ですので、鍵を持ち運ぶ必要もなく、当然、暗証番号を覚えておく必要がありません。

システムの構造上、設置には時間とお金がある程度かかりますが、現存する鍵の中でも、1、2を争うほど防犯効果が高いカギとして知られています。
一般家庭で導入をしている方はほとんどいませんが、企業など、機密情報を保持する必要がある部屋などには、積極的に導入している場所もあるようです。

システムの特性上、重役や重要人物がキーパーソンとして選ばれることが多く、限られた人物しか入ることが出来ない部屋などに、利用されることが多いでしょう。
また、近年では銀行などでも取り入れられており、暗証番号を使わずに、こうしたバイオメトリックスシステムを使って、本人確認を行う場合も増えています。

バイオメトリックス錠で対応する生体認証はどんな部分があるのか

バイオメトリックス錠では、様々な生体認証に対応しているキーが販売されています。
最も多いのが、指紋認証、声紋認証、静脈認証、網膜認証があげられます。
事前に登録をしているこれらの部分を、センサーで読み取り、本人と一致すれば、鍵が開く仕組みとなっているのです。

登録することが出来る部分は他にもいくつもあり、顔認証やDNA認証、耳型やまばたき、血管、筆跡など、様々な部分があげられるでしょう。
自分が利用をしやすいタイプの生体認証を登録することで、煩わしさから解放され、鍵開けがスムーズになります。

複数人登録をしないと大変なことになる場合も

そんなバイオメトリックス錠、確かにセキュリティレベルが高く、簡単にはピッキングをすることが出来ない、鉄壁の守りといえるでしょう。
ですがその守りが鉄壁過ぎて、自分たちすら入れなくなる場合もありますので、注意が必要です。

例えば、指紋認証登録をしている人の指紋が、何かの事故で無くなってしまった場合や、網膜認証をしている人の目を使うことが出来なくなった場合など。
生体認証に登録している人に何らかのトラブルがあった場合、鍵を開けることが出来なくなってしまうのです。
その為、一人だけを登録しておくのではなく、何か合ったときのために、複数人登録をしておくことが大切です。

ですが、誰彼構わず登録をしてしまっては意味がありません。
あくまで限られた人数、信頼のおける人だけを登録するようにすることで、よりセキュリティを守ることが出来るでしょう。
鍵はこのように、日々進歩し続けており、便利さも増してきていると言えます。