ダイヤル錠

slwor7uk

ダイヤル錠とは

ダイヤル錠というのは、いわゆる「カギ」を差し込んで開閉をするタイプのものではなく、ダイヤルを回して番号を合わせるなどして開け閉めをするタイプの鍵です。
よく、ドラマをみると丸いダイヤル式の鍵がでてきて、それを回して泥棒が鍵をあけようとしていますよね。あれが一般的にいわれるダイヤル錠です。

ダイヤル錠は家の鍵として使われることはほぼないですが、たとえば集合住宅にあるポストなどでは多く使われていますので、私たちの生活にも役立っている鍵のひとつです。

ダイヤル錠のメリット

やはりダイヤル錠のメリットと言えば「暗証番号を知らないと、誰もあけることができない」ということでしょう。暗証番号をきちんとしたものにしておけば、まず知らない人にその金庫をあけることはできなくなります。
「その人しか知らない」という番号である場合は、まず開けることができません。

今のダイヤル錠は数字だけでなくアルファベットを組み合わせているものも多く、より造りが厳しいものになっています。そのことを考えれば、ダイヤル錠には「より犯罪を防ぐことができるというメリットがある」と考えることができるでしょう。
ただ、残念ながらそううまくもいかない現実があります。

万が一、その暗証番号を誰かに知られてしまったらどうでしょうか?もしあなた以外の人がどこかで暗証番号を知ってしまえば、そのダイヤル錠は誰でも開けることができる、ということになってしまいます。
暗証番号を誰も知らないうちはこれ以上言いカギはありませんが、もし誰かが知ってしまうとなるとこれ以上簡単な鍵はないということになってしまいます。

なので、暗証番号はできれば誕生日や電話番号など、推測されやすいものは避けるなどの工夫が必要になります。
もしそこで解読をされてしまうと、やはり「誰にでも開けることができる」ということになってしまいますからね。

暗証番号を忘れてしまった場合

また、暗証番号を忘れてしまった場合も大変です。
よく「スーツケースの暗証番号をなくしてしまって、それであけることができなくなってしまった」というトラブルがありますが、これも暗証番号に関するトラブルと考えて良いでしょう。この場合、鍵屋を呼んで開けてもらうなどの対処が必要になりますので、注意をしなければなりません。

鍵屋をよんであけてもらうのもお金がかかりますので、できればどこかに番号を引賭けておくなどしておいたおうがいいでしょう。もちろん、その場合は番号の存在を見つからないようにしなければなりません。
ダイヤル錠はとっても便利な鍵ですが、一方でこのようなトラブルが起きやすい鍵でもあります。扱いには十分に注意をされることをお勧めします。