ディスクシリンダー錠

slwor7uk

鍵を入れるシリンダー錠にも種類がある

当然ではありますが、鍵は、鍵穴に入れて施錠や開錠を行います。
鍵にも様々な種類があるように、それに対応した鍵穴、シリンダーにも、様々な種類がありますので、そのカギに対応したものを取り付ける必要があるでしょう。

シリンダー錠の中でも特に有名なのが、ディスクシリンダーです。
特に指定がなければ、こちらのディスクシリンダーが利用されていることが多く、多くのドア鍵に利用されているでしょう。
その名の通り、ディスク上のシリンダーを回すことでカギを開け閉めすることが出来、利用方法も非常に簡単だと言えるでしょう。
ディスクシリンダー錠は海外でも利用されていることが多く、最も一般的なシリンダーとして知られています。

その他にも、マグネットシリンダーやピンシリンダー、様々な種類のシリンダー錠があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。
形も一見同じようで、よく見ると全くの別物ですので、事前にどのタイプのシリンダーなのか、確認をしておくと良いでしょう。
シリンダーによって、鍵の形状や特徴そのものが異なる場合もありますので、比較をしてみることが大切です。

ディスクシリンダー錠は、流通量が最も多いシリンダー

ディスクシリンダー錠は最も市場への流通量が多く、一般家庭をはじめ、ホテルなどの宿泊施設、その他鍵のあるドアの多くが、こちらのタイプが多いでしょう。
近年では別タイプのシリンダー錠は増加傾向にありますが、新築ではない戸建てやマンションの場合は、ほとんどがこちらのタイプになります。

シリンダーそのものの鍵穴は縦方向に設置されており、鍵の両面は、ギザギザとした形をしています。

鍵といえばこの形状を思い浮かべる方も多く、メーカーでもほとんどの場所で取り扱いを行っているでしょう。
合鍵作成の際にもお断りをされることなく、早ければ数時間もかからずに作成できるケースが多いようです。

鍵の構造としては、取り付けられているディスクが、鍵を指すことで回るか回らないかを判断する仕組みとなっています。
鍵のギザギザ部分とディスク部分が合えばディスクが回るようになっており、鍵が開くようになっているのです。

防犯対策には他のシリンダー錠に変えることを検討してみて

そんな流通量が多いディスクシリンダーですが、そのままにしてしまうと実は非常に危険です。
流通量が多いこともあってか、ディスクシリンダー専門のピッキング技術を身に着けている犯人も多く、盗難被害にあいやすい形状として知られています。
防犯対策をするためにはできるだけ、他のシリンダー錠に変えることも検討してみると良いでしょう。

ですが、シリンダー錠を変えるにも、当然ですがお金がかかります。
また改めてカギそのものを交換しないといけませんので、決して安くはないでしょう。

シリンダーを変えることが出来なければ、その他の防犯対策と合わせて行うことが効果的です。
ピッキングをすると警報が鳴りだすセンサーやシステムの導入や、家の中にいるときは、別途つけることが出来る内鍵の利用もおすすめ。
賃貸の場合は事前に申請が必要ですが、原状復帰ができるようであれば、問題なく取り付けられることがほとんとでしょう。

もちろん、こうしたシステムを導入するにもお金がかかりますので、場合によっては、シリンダー交換をした方が安く済むこともあります。
お金に余裕があるようであれば、シリンダー交換と合わせて、こうした防犯対策を合わせて行うことで、より防犯効果を得ることが出来るでしょう。
防犯対策は合わせてセッティングすることで、より高い防犯効果を得て、いざという時に高い効果を発揮します。