ICロック型シリンダー

slwor7uk

ICチップで開ける鍵

ICロック型シリンダーはICキーに対応したシリンダーであり、ICカードによって鍵が開くシステムです。
ICカードに埋め込まれたICチップと、シリンダーの方で情報を適合させることで鍵が開く仕組みとなっています。
カード型やキーホルダー型などがありますが、ICチップさえ使えればどのような形状の鍵でも使えます。
また既存の鍵も使えるハイブリットタイプもあります。

鍵として登録できるICは1つのみならず規格にもよりますが数百となりますので、複数の人で管理することもできます。
オートロック機能や不正解錠警報などの機能もあり、空き巣対策なども万全であり、外出時なども安心です。

設置する場合は、既存のシリンダーに被せるタイプ、大がかりでコストがかかる扉に埋め込むタイプ、扉にそのまま付けるタイプなどがあります。
もしも設置する場合は、自分の扉のタイプなどで選ぶと良いでしょう。
一番簡単なのが、今付いているシリンダーに被せるだけのタイプです。
もしもこのようなタイプなら、賃貸マンションなどでも設置可能です。

このタイプの鍵はホテルやオートロックマンションでは普通に使われていますが、通常のアパートなどではあまり見かけません。
ICチップさえあれば鍵になりますので、クレジットカードや携帯電話や社員証などを鍵とすることも出来ます。
鍵を開けるときは、ICカードをかざすだけで良いので、子供でもお年寄りでも誰でも簡単に扱えます。

IDの管理

ICロック型シリンダーを使用する場合には、ICチップにより管理が可能です。
解錠するとICに情報が記録されますので、ICキーをいつ使ったかがパソコンなどで履歴として見ることが出来ます。
また通常の鍵とのハイブリットタイプなら、通常の鍵で開けた記録も見られます。
また記録を見るだけでなく、それをUSBメモリーなどに保管することも可能であり、数年単位で記録を管理することも出来ます。

ICカードにIDを登録する作業は、専用ソフトと機材で行うことも出来、管理者がIDを発行することも出来ます。
ID発行はデータターミナルという機材を使用し、個別に管理も一括しての管理も可能です。

しかしICカードを使用するなら、考えるべき事はまずICカードを紛失しないようにすることです。
カード型なら財布などに入れて持ち歩くような場合は、無くしやすいので注意が必要です。
無くしてしまうと鍵を開けられなくなり部屋に入れません。
またIDも漏洩しないように管理せねばならず、管理者がセキュリティを保っての管理が重要と言えます。
もしもICカード自体を無くしたとなると、スペアキーを使うなどして一時的に解錠することとなるでしょう。