レバータンブラー錠

slwor7uk

レバータンブラー錠はどんなシリンダー錠なのか

様々なシリンダー錠がありますが、現代でも様々な扉やアイテムの鍵穴として使われている、歴史ある鍵穴に、レバータンブラー錠と呼ばれるものがあります。
レバータンブラー錠は、18世紀イギリスで開発をされた鍵穴で、鍵穴を絵に表す際に、よく使われるタイプのシリンダー錠です。

前方後円墳のような特徴的な形の鍵穴で、鍵もそれに合わせて、一昔前に海外でよく使われていたような、典型的な鍵の形をしています。
鍵穴、そして鍵とともに、ゲームなどでもこの形の絵が使われていることが多く、実際に見てみると、馴染みが深い方もいるかもしれません。

現代でも、古い住宅のドアのカギとして使われていることもあれば、南京錠や、机の引き出しなどにも利用をされています。
このタイプの鍵穴は意外と現在でも利用されていることが多いものの、防犯上の危険性から、あまりおすすめをされていません。

レバータンブラー錠はかんぬき式の簡易的カギ

レバータンブラー錠の鍵の仕組みは、シリンダーの中にある溝が決め手となっています。
シリンダーの中には、Hの形をしている溝があり、この溝にピッタリと当てはまるカギを入れることで、回すことが出来るようになる仕組みです。
てこの原理のように板状のタンブラーが利用されており、てこ原理のように開錠、施錠を行っていきます。

ですが、これだけ単純な仕組みですので、どうしてもピッキングをしやすく、プロでなくても、コツさえ掴んでしまえば開けられてしまいます。
専用の道具がなくても、細い棒などがあれば、上手に使えば開いてしまうということも少なくないでしょう。

そのため、安全面ではあまり効果が期待できず、家のドアのカギがこちらの方は、出来るだけ早く交換をすることが大切です。
鍵穴でピッキングのしやすさを判断されて、強盗に入られてしまうケースも少なくないでしょう。

防犯性は低いため、一刻も早いシリンダー交換が理想

空き巣は、鍵をかけているご家庭にピッキングをして押し入ることがほとんどです。
そのため日頃から、狙っているご家庭の下調べを行い、人がいない時間帯を見計らって、犯行に及ぼうとします。

下調べの一環として、鍵の形もチェックをする空き巣は、実は少なくありません。
このタイミングで、ピッキングがしにくい、防犯性の高いキーを利用していれば、リストから外される可能性が高いでしょう。
シリンダー錠の形式だけで、犯罪に巻き込まれやすくなるかが決まると言っても、過言ではないのです。

事前に行うことが出来る、非常に効果的な防犯対策の一環と言えますので、こちらの鍵穴タイプの場合は、できるだけ早く交換を行うように心がけましょう。