暗証番号キー

slwor7uk

暗証番号キーで、鍵の持ち運びストレスから解放!

近年増加している、防犯効果の高い鍵の種類として知られているのが、暗証番号キーです。
暗証番号キーとはその名の通り、暗証番号を押すだけでロックを解除することが出来る、新しいタイプのカギとして知られています。

暗証番号は自分の好きな番号を入れることが出来ますので、忘れてしまう心配もありません。
また、鍵を指す必要もなく、暗証番号を入力するだけで入室が可能ですので、非常に簡単で、鍵を持ち運ぶストレスがないでしょう。

お子様に鍵を持たせるのが不安という親御さんにもおすすめで、鍵の扱いを心配する必要がない分、気兼ねなく外出することが可能になります。
この暗証番号キーを導入しているご家庭は増えており、一般家庭だけではなく、企業でも、宿泊施設などでも、積極的に取り入れられているでしょう。

暗証番号の変更は自分で可能

暗証番号キーの場合は、暗証番号の変更は、自分がやりたいタイミングで、好きな番号に変えることが可能です。
変な話、毎日でも好きな番号に変えることが出来るのです。

通常の鍵穴ですと、鍵穴交換をする場合は、鍵交換をする必要もあり、すぐに交換をすることが出来ません。
また、その都度料金が発生しますので、非常に面倒といえるでしょう。

暗証番号キーの場合は、無料で、自分の好きな番号、好きな時間に設定を変えることが出来る分、非常に気楽です。
日替わりで番号を変えることも、その日だけ番号を変えることも、変幻自在といえるでしょう。

暗証番号を見られないように注意!

これだけ気軽に利用でき、防犯効果も高い暗証番号キー。
ですが、便利な分利用方法には十分注意をする必要があります。

例えば、暗証番号を気が付かないうちに覗かれた場合、勝手に侵入をされる恐れがあります。
部屋にいる間に押し入られるという可能性もあるでしょう。
番号を押す際には細心の注意を払い、見られないように注意をすることが大切です。
番号入力の前には、周囲を確認したり、素早く番号を打つように心がけましょう。

また、暗証番号を忘れてしまったら、入ることが出来ません。
暗証番号を変えるのは自由ですが、変えた番号を忘れてしまっては元も子もありませんので、忘れないように気を付けましょう。

電気トラブルに巻き込まれることも

暗証番号キーの種類によっても異なりますが、電気式のものを利用している場合。
停電をするとカギそのものが使えなくなり、家に入れなくなる場合があります。

電池式で単独で動いているものなどの場合は問題ありませんが、電気と直結している場合は注意が必要です。
また電池式でも、電池が切れたら動かなくなり、勝手に鍵が開く、鍵が開かなくなるなどのトラブルが発生することもあります。
どちらにせよ、定期的なメンテナンスを行うことを、忘れてはいけません。