ピンタンブラー錠

ピッキングに弱いピンタンブラー

「ピンシリンダー」と呼ばれることもある鍵のこと。
こちらでも「ピンシリンダー」としてご紹介をしていますが、「ピンタンブラー」と呼ばれることもありますので、こちらでも記載をしておきます。

ピンタンブラーキーについて

ピンタンブラーキーは、ディスクシリンダーとは違って「片方のみにピンがある鍵」です。
ディスクシリンダーを見てみると、両方にピンがありますよね。
でも、ピンタンブラーキーはぎざぎざが片方にしかありません。

両方にあるのか片方にしかないのかで、違いがあることがわかります。
また、メーカーにもよりますがピンタンブラーキーはディスクシリンダーより小さい形をしていることが多いですね。
ディスクシリンダーの場合は賃貸物件などに使われることが圧倒的に多いですが、一方でピンタンブラーキーの場合は「一戸建てに使われることが多い」ということが解っています。一戸建ての鍵をみてみると、やはりピンタンブラーキーであることが多いと言われています。

このピンタンブラーキー、実は「ピッキングがしやすい」と言われているので注意が必要です。
同じくピッキングがしやすいものにディスクシリンダーがありますが、ピンタンブラーキーはこのディスクシリンダーと同じくらい、あるいはそれ以上にピッキングがしやすい鍵だと指摘されていますので注意しなければなりません。

特に、ピンタンブラーキーの中でもピンが浅いものは要注意。浅いものほどピッキングがしやすいといわれていますので、もしお手持ちのピンタンブラーキーのピンが浅い場合は、やはり取り換えるなどの対策が必要になるでしょう。ディスクシリンダーほどではありませんが、できれば取り替えておきたい鍵です。

ピッキングをされないために

ピンタンブラーキーやディスクシリンダーに関しては、すでに「ピッキングがしやすい」などの指摘が相次いでいます。もしあなたの家があるちいきの治安が悪いと思ったら、ピンタンブラーキーは避けた方が無難かもしれません。

ピンタンブラーキーを付けていたということでピッキングをされてしまったらとても辛いですよね。
泥棒の方でも、こういったピッキングをしやすい鍵はきちんとチェックをしているので、できれば狙われないようなしっかりとした鍵を探してみることをお勧めします。

ピッキング犯罪は本当に大変な被害をもたらすものなので、それがやりやすくなるような鍵は避けておくことがオススメ。ピンタンブラーキーに関しても、ピッキングしやすいことが解っていますので、きちんとこの鍵でいいのかどうかを考えておくのは必要なのではないでしょうか。もう一度ピンタンブラーキーについて、しっかりと考えてみてください。