ウォード錠

slwor7uk

ウォード錠は頻繁に利用されている鍵穴

鍵穴、シリンダー錠のタイプには、実に様々なものがあります。
シリンダー錠のタイプによって、防犯効果も左右されると言っても過言ではありませんので、注意が必要です。

鍵が利用される場所は、家のドアのカギだけとついつい思われがちですが、家のカギだけではなく、実に様々な場所に利用されています。
例えば、金庫のカギ、倉庫のカギなども、当然ながら鍵が利用されていますので、適当な鍵をつけてしまうと、非常に危険です。
鍵穴選びは、防犯対策の一つのポイントということを、忘れないようにしておきましょう。

そんな金庫のカギや、倉庫のカギとして一昔前に利用されていた形式が、ウォード錠というシリンダータイプです。
ウォード錠は、ウォードと呼ばれるシステムが採用されており、ウォードの形に鍵穴がピッタリと収まれば、鍵を開錠、施錠することが可能です。
正しい形のウォードキーが入れられないと、カギそのものが回らずに、鍵を回すことが出来ないよう仕組みとして利用されてきました。

こちらのウォール錠は、南京錠などをはじめとした、簡易的なカギに広く使われているタイプのシリンダー錠でもあるでしょう。
日記の鍵、鞄の鍵などにも、こちらが使われていることがほとんどです。

ウォード錠は古代ローマで作られた由緒正しき鍵

ウォード錠が生まれたのは、歴史が古く古代ローマまで遡ります。
当時はこのウォード錠タイプの鍵が主流で、家庭のカギとしても、宝箱のカギとしても、広く利用されてきました。

そんな歴史あるウォード錠、作成の手軽さもあり、現在でも利用されている鍵は少なくありません。
流石に家のドアのカギに使われることはほとんどありませんが、家のカギ以外の場面で未だに利用されている、歴史あるカギと言えるでしょう。
シリンダーとしては、世界最古ではないかとまで言われています。

そのため、仕組みを調べつくされており、ピッキングをされる恐れもあるシリンダー錠ですので注意が必要です。
金庫などに未だにこちらのカギをつけられているという場合や、南京錠で倉庫の鍵を閉じているという場合。
プロではなくても、ヘアピンなどで簡単に鍵を開けることが出来てしまうでしょう。

ピッキングが簡単に出来てしまう鍵

ウォード錠は非常に手軽で、大量生産がしやすい鍵ではありますが、そのあまりの手軽さから、簡単にピッキングが出来てしまいます。
そのため、貴重品を入れている鍵など、大切なものを守りたい場合は、こちらのシリンダー錠はお勧めできないでしょう。

ウォード錠をどうしても利用したいという場合は、合わせて別の防犯対策を行うことが大切です。
金庫などの場合は、鍵を二重に取り付けるタイプに変更して、もう一つのカギを、防犯効果の高いカギにするなどがおすすめ。
また、南京錠でも、ウォード錠ではないタイプの鍵、番号の鍵などもありますので、そうしたものをつけることも大切でしょう。

ウォード錠そのものを違うシリンダーに変えることが一番手っ取り早いので、出来るだけ防犯効果を上げるためには、カギそのものを交換してください。