ウェーブキー

slwor7uk

ウェーブキーについて

皆さんはウェーブキーをご存知でしょうか。
鍵には、本当にいろいろな種類があることを、このウェーブキーが証明してくれています。

ウェーブキーは、鍵にある切込みがウェーブの形をしているという鍵。
例えば、ディスクシリンダーキーを見てみてください。おそらく、真ん中にある切込みは縦一本だと思います。そして、横から見ると「く」の形になっていますよね。それがディスクシリンダーの特徴です。

でも、ウェーブキーの場合はこのへこみの部分がウェーブ状になっているため、ピッキングがしにくいと言われています。このウェーブキーは車に良く使われていると言われていて、車の鍵をみるとこのウェーブキーになっていることが多いですよね。
今度、くるまの鍵をよく見てみて下さい。おそらくウェーブキーになっていることが確認できると思います。

どうしてウェーブキーが使われているの?

数ある鍵の中でも、どうして車にウェーブキーが使われているのかを考えてみましょう。
まず、やはり「車は盗難にあいやすい」ということがあるためでしょう。
車は自分の家のガレージにおいている人も多いですが、マンションなどですと、下の駐車場に置きっぱなしということが多いですよね。

その状態で、万が一泥簿が夜にいじってもわかりません。夜中だとみんな寝ていますから、おそらく気付かない人が本当に多いと思います。そうなると、簡単な鍵だと泥棒し放題になってしまうでしょう。そのことを考えれば、やはり鍵の難易度を上げるのは必須ということになりますね。
車にとって、鍵の難易度を上げるというのは本当に重要なことである、ということです。

日本車の防犯性能は世界屈指

実は、日本の車の防犯に対する性能は世界屈指と言われています。
日本の中でも非常に防犯性能が高いと言われているトヨタの場合、なんとプロの鍵屋でも開けるのを断るほど。

そのくらい難易度の高い鍵なので、とにかく開けるのが難しいのです。車の防犯性能に関しては、日産やホンダなどもかなり重視していますので、今後もどんどん性能のいい鍵がついた車が発売されるでしょう。

車の鍵に関しては、本当に高い防犯性能を持っていることがわかっていますので、ぜひとも生活の中で生かしてみてほしい、と思います。最近は自動でロックができるものもありますので、今後もどんどん防犯性能の高い車が発売されていくでしょうね。

防犯性能が高い車に関しては、まず世界でも日本がけん引する存在と考えていいのではないでしょうか。車を販売する企業というのは、実に色々な工夫をして車を守っていることが解ります。