4000年もの歴史のあるもの

slwor7uk

防犯で欠かせない鍵

共稼ぎ世帯の割合が増えた現在で、鍵っ子の小中学生も数多くいるでしょう。
現在では子供の頃から鍵と錠に慣れ親しんだ人が増加しているのです。
さらに、鍵っ子が大人になっても管理社会・プライバシー重視であるこの社会では鍵は必須のアイテムとなるでしょう。
自宅・自動車・事務所・金庫・ロッカーなど一人で十数個もの鍵を常に持ち歩いている人も少なくなるでしょう。
このように、鍵と錠というのは、今後さらに身近なものとなっていくことは間違いありません。

でも、そんなに身近にある鍵と錠なのに、鍵と錠の歴史を知らない人も多いと思います。
鍵と錠の誕生はいつからだったのでしょうか。
江戸時代の時代劇ドラマを見てみると、よく蔵に錠前をかけているシーンを見ることがあります。
そのため、江戸時代くらい約200年前に鍵と錠が誕生したと思っている人も多いかもしれません。
でも、それは全く違います。
鍵と錠が誕生したのはおよそ紀元前2000年前と言われています。
つまり、今から4000年ほど前に鍵と錠は誕生しているのです。
これほど人類史と共に共存してきたアイテムというのは、決して多くはありません。
もしも、これほど長い歴史を持つ鍵と錠をもっと知ってみたいと思う人がいるのなら、
『世界の鍵と錠[大型本]』(編集・出版:里文出版)をぜひ入手してほしいと思っています。
なぜならば、この書籍は写真図版184点と豊富なカラー写真とともに世界中の名品・珍品の鍵と錠が集められているのです。
名コレクションの数々に加えてさらに隠れたコレクターが提供してくれた未発表資料も含まれているので、
資料価値としても研究者から支持されています。

鍵と錠は昔、権力者の証だった?!

また鍵と錠というのは、現在のように昔は一家に一つあったわけではありません。
鍵と錠一つを作るだけでも大変であったため、鍵と錠そのものも価値の高いものだったのです。
大切な宝物を保管している倉庫や蔵などのみに取り付けられていたのです。
つまり、鍵と錠の歴史を知ることは、その時代の宝物に触れることにも等しく、
さらにその時代の権力者の証でもあるのです。
そのため、鍵や錠には紋章が施されているケースも決して少なくないのです。
『世界の鍵と錠[大型本]』では、芸術的な鍵や錠をカラー写真で載せられているだけでなく、
日本ならではの和錠の歴史・ヨーロッパの鍵と錠の歴史などが鍵と錠を中心にして解説されています。
この情報は鍵や錠を知らなかったビギナーの人から鍵や錠を製造・販売している鍵と錠のプロフェッショナルの人まで、
歴史好きの人まで、幅広い世帯・業種に支持されている書籍の一つなのです。
このように、『世界の鍵と錠[大型本]』一冊で鍵と錠の歴史を深く知ることができるでしょう。
もしも、鍵と錠の歴史について詳しく知りたいと思っている人がいるのならば、
ぜひこの書籍を購入しても決して損はないと思います。
5000円前後で販売されていますが、
手にとってみればリーズナブルな値段だと納得してもらえること間違いありません。