理解を深めて安心感を

slwor7uk

外出時に欠かせない鍵と錠

家を出るとき(もしくは家へ帰ってくるとき)、自動車・バイク・自転車などを運転するとき、
学校や職場の自分のロッカーを使用するとき、鍵や錠に触れることになるでしょう。
今や鍵を持ってない人・鍵を触れることのない日はない時代といっても過言ではないでしょう。
しかも一つだけでなく複数個持っていることが今や当たり前になってきました。
自宅や自動車など自分のプライバシーのテリトリーや財産を守るためにも、鍵や錠は必要不可欠なアイテムとなっているのです。

でも、一言で鍵と錠といっても、その形や種類は全く違っているのです。
特に最近では鍵と錠というのは進化し続けているのです。
この鍵や錠の形や仕組みに不思議に感じた人は決して少なくないでしょう。
なぜ、鍵を鍵穴に差し込んで回すことで錠の開閉を自在にできるのか、その仕組みを知らずに使い続けているかもしれません。
「飛行機がなぜ飛ぶのか理解できないから、飛行機を乗るのが嫌だ」という意見をもつ人が時々いますが、
同じように「なぜ鍵によって錠が開閉するのか分からないので鍵と錠を使うのが不安だ」と思っている人もなかにはいるかもしれません。
鍵や錠というのは、プライバシーや財産を守るための防犯アイテムですが、それと同時に利用者に安心してもらうためのアイテムであるのです。

鍵と錠の歴史や仕組みを理解することが大切

だからこそ、きちんと鍵と錠の形や歴史や仕組みを理解していて、安心して利用することが大切なのです。
その鍵と錠を理解するのにオススメしたいのがINAX出版から出版されている
『鍵のかたち・錠のふしぎ(INAXbooklet)』(著者:アルシ-ヴ社)という書籍が一番いいでしょう。
なぜならば、豊富な写真と図版資料を添えながら鍵や錠について考察してくれるからです。
その考察はあらゆる視点から行われているのです。
たとえば、見事なまでの装飾が施されている日本を含めた世界中の鍵と錠を実用以外の
象徴的・美術的側面から考察されたものもあります。

それ以外にも建築と鍵と錠との関係についてまとめられたものもありますし、
技術的発達史の面から鍵と錠を調べ上げられているのです。
もちろん、説明文だけでは堅苦しくてビギナーには不向きだと思われがちです。
でも、そこは豊富な写真と図版資料で丁寧に解説されているおかげでとても分かりやすくなっているのです。
鍵や錠のプロフェッショナルの人だけでなく、鍵や錠について全くの無知の人でも読む価値のある一冊です。
このように鍵と錠を中心にしてあらゆる面から情報をまとめているため、
幅広い人々からとても高い評価を受けている書籍の一つとなっているのです。

そのため、『鍵のかたち・錠のふしぎ』の一冊があれば、鍵と錠についての知識を深めていくことができるはずです。
鍵や錠に高い関心のある人は、入手してほしい書籍の一つに数えることができるでしょう。
そして、より鍵や錠についての知識を深めることができて、より安心して毎日の日常生活で活かすことができるはずでしょう。