子供に防犯教育②

slwor7uk

お子さんにカギを持たせる際には、徹底した転落防止対策を

親御さんが共働きで、お子さんに留守番をしておいてもらわなければいけないという場合。
小学生のお子さんの場合は特に、まだまだ注意不足な点が多く、危険に巻き込まれる可能性も多いため、十分注意をする必要があるでしょう。

注意するポイントの一つ目は、鍵を落としてしまわないように対策をすることです。
鍵持たせる際には必ず、ランドセルの内側のポケットに、万が一飛び出しても安心なように、キーホルダーなどに通して、ランドセルのチャックにつけた状態でしまっておきましょう。
周囲からはカギを持っていることがわからないように、必ず見えないようにしておくことが大切です。

首から紐でぶら下げさせるという方法もよく聞きますが、実はこれは非常に危険です。
首の紐が遊具などに引っかかることによって発生する死亡事故なども少なくありませんので、絶対にやめましょう。

お子さんが犯罪に巻き込まれないためにも、鍵の扱いに注意

鍵を持っているお子さんを狙った犯罪というものは、実は少なくありません。
帰宅直後のカギを開けた瞬間を見計らって、強盗をするという犯人や、お子さんが落としたカギを拾って、空き巣に押し入るというケースもあります。
お子さんの安全を守るためにも、鍵の扱いには十分注意するように言い聞かせましょう。

また、鍵をお子さんに預けるだけが方法ではありません。
鍵付きの家のポストに入れておいて、帰宅後ポストを自分で開けさせるという方法や、ご近所さんにカギを預けておくという方法もあるでしょう。
鍵を持たせないということも一つの防犯対策ではありますので、工夫をしてみてください。

お子さんが家に入る際、入った後も、十分注意をするようにしましょう。
鍵を出す前には、周囲に人がいないかどうかを確認して、素早くカギを出して、家の中に入ることが大切です。
また、家に入ったときにただいまと言うことで、人が家にいるように見せかけることが出来るでしょう。
家に入った後は、必ずカギをかけさせる習慣も、忘れないようにしてください。

鍵はとにかく見えないように、周囲にばれないようにさせましょう

鍵を持ち歩いていると、お子さんはついつい、周囲のお友達に自慢してしまいがちですが、実はそれは非常に危険です。
どこから情報がもれて、犯罪に巻き込まれてしまうかわかりませんので、鍵を持たせる際には、とにかく隠させましょう。

また、鍵は見えるところにつけておかずに、一見見えない鞄の中などにしまっておくことが大切です。
しっかり閉まっておくことで、落とす可能性を下げることもできますので、鍵を持たせる際には必ず、鍵の扱い方を事前に確認をしあうように心がけましょう。