一人暮らしの防犯意識

slwor7uk

一人暮らしをはじめた人にこそ知ってほしい

四月に入ってから一人暮らしをはじめた人も大勢いらっしゃいます。
大学入学や新入社員として、今まで住んでいた居住区から引っ越して一人暮らしをする人が多いのです。
その一人暮らしでは何かと危険が潜んでいるものです。
一人暮らしをはじめると、空き巣や悪徳商法やカード犯罪といった金銭的な被害に
巻き込まれる可能性がたかくなると言われているのです。

なぜならば、一人暮らしだと分かっていれば、相手が一人のため空き巣に入って居住者に遭遇しても対処しやすい、
何かあっても相談する相手がいないため詐欺行為をしやすい、などの犯罪者にとって犯罪を起こしやすい環境にあるようです。
さらに、その一人暮らしが女性のケースではさらに多くの事件・深刻な事件に巻き込まれる可能性が高まります。
女性の一人暮らしだと分かれば、空き巣に入って見つかっても腕力で解決できると思う泥棒もいるでしょう。
さらに、性犯罪やストーカー犯罪にも巻き込まれる可能性も高くなるのです。

防犯意識を高く持つことが重要

だからこそ、一人暮らしを始めた人は、他の世帯よりも防犯意識を高めておく必要があるはずです。
その防犯意識を高めるためには、何よりもまずは情報が大切です。
誤った情報を元に防犯対策をして安心してても、犯罪者には全く関係がないのです。
きちんとした情報を元にして防犯対策をとることが何よりも大切です。
そうすることで、犯罪を未然に防ぐことができますし、
たとえ被害にあっても最小限に抑えてしまうことができます。
そのきちんとした情報といえば、
「一人暮らしの防犯マニュアル(著者:生活安全向上委員会 ,編集:中村 多美子,編集:井田 雅貴)」があるでしょう。
この本では、5つのカテゴリー(住まい・ストーカー・身体やプライド・財産・ネットトラブル)を
過去の事例・データ・対策の3つで分かりやすく解説しているのです。

たとえば、住まいのカテゴリーでは鍵や錠前についての過去の事例・データ・今後の対策などをこと細やかに説明しています。
たとえば、鍵や錠前一つをとっても、一般の人に知られていない種類や対処法などが数多く存在しているのです。
鍵や錠前でどのような種類を取り付けておけばいいのか、
どんな防犯対策をとっておけば不法侵入などの犯罪を予防することができるのかを丁寧な説明があるのです。
その説明どおりに対応しておくことで不法侵入を予防できますし、
結果として、空き巣といった窃盗犯罪だけでなく、
ストーカー・盗聴・のぞきといった生活系犯罪を予防することにも繋がっていきます。
そのため、一人暮らしを始めて間もない人にもどのように防犯対策をしていけばいいか
理解できるので、ぜひ一度は購入して読むべきでしょう。
また、家族や友人が一人暮らしを始めたことで、空き巣犯罪やストーカー犯罪などに巻き込まれないか
心配している人などが一人暮らしを始めた人にプレゼントする書籍としても
「一人暮らしの防犯マニュアル」はピッタリなのかもしれません。