鍵の種類を紹介したサイト

slwor7uk

鍵の種類を紹介するサイトをご紹介

鍵の種類を紹介したサイトをお探しなら、こちらのサイトが役に立ちます。

>>http://key-and-lock.joo-hoo.com/
色々な鍵についての紹介が書かれています。

セキュリティの基本といえば、昔も今も鍵・錠前です。
防犯対策の基本でありながら、最も効果の高いものです。

一般住宅のほか、事務所、ショップ、クルマ、バイク、自転車、金庫などにも使用されており、生活においてなくてはならないものとなっています。
防犯対策の基本は鍵ですが、犯罪者の技術の向上により、古い鍵・錠前だとカンタンに開錠される可能性もあります。
セキュリティ向上のためには、定期的な鍵・錠前の取り替えが必要だと言えるでしょう。

新しい鍵・錠前を作るときは、複製の難しいものにしたいものです。
カンタンに複製できるものは、プロの手にかかれば開錠もカンタンに行えます。
印鑑の文字体が複雑である理由も、複製を難しくするためであり、鍵・錠前にも同じことが言えるのです。

複製の難易度が高い鍵には、ディンプルキー、レーザーキーなどがあります。
ホームセンターで複製してもらおうとしても、断れることが多いはずです。
こうした鍵は防犯性能が高いため、セキュリティ対策として重宝するでしょう。

カンタン構造の鍵には、ウォード鍵があります。
非常に安価であるメリットはありますが、開錠が楽に行えるというデメリットもあり、セキュリティの観点からはおすすめできません。

私たちがよく使用しているタイプは、シリンダー鍵と呼ばれるものです。
シリンダー鍵にはさまざまな種類があり、代表的なものにはディスクシリンダー、ロータリーディスクシリンダー、ピンシリンダー、マグネットタンブラーシリンダーなどがあります。

鍵の形をしていない鍵

鍵のなかには、鍵の形をしていないものもあります。
暗証番号鍵は、暗証番号を入力することで、ロックが解除するものです。
比較的安全性の高いシステムですが、暗証番号が漏洩するとカンタンに開錠できるというリスクもあります。
犯罪者のほとんどはプロであり、暗証番号入力時の手の動きで番号を読み取ることができます。
付近に人がいるときは、手の動きを悟られないように工夫するべきでしょう。

セキュリティの基本となる鍵は、紛失しないように注意する必要があります。
万が一紛失した場合は、鍵・錠前を交換したほうが無難でしょう。
プロは5分以内に開錠・侵入が可能であり、ちょっと留守居にしている間に泥棒に入られる可能性もあります。
特に周辺からの見通しの悪い住宅は、空き巣に狙われやすいので注意が必要です。