合鍵・純正キー・子カギとは?

slwor7uk

合鍵があれば、特定のカギを開けられる

カギは、生活の中で様々な場面に利用されています。
ドアのカギ、窓のカギ、金庫のカギなどなど、種類は違えど、様々なものの侵入を防ぎ、ガードすることに変わりはありません。
そんなカギには色々な種類があり、その中の一つが、合鍵です。

合鍵とは、特定のカギを開けることができるカギのことで、本当のカギのコピー品などを指します。
合鍵を作ることができる合鍵専門ショップも数多く存在しますので、合鍵を用意したい際には、そうしたショップにカギを持っていき、複製してもらいましょう。

利用するタイミングは、例えば、家族、同棲相手などに家のカギとして、合鍵を渡すことが多いでしょう。
家に自由に入ることができるようになるカギですので、信頼をしている相手にしか渡さないように、注意をする必要があります。

純正キーは会社で作られた純正品

合鍵と似ているものの、根本的に仕組みが異なるのが、純正キーです。
純正キーは、最初メーカーで作成される本物のカギのことで、コピー品を作る際には、こうした純正キーを利用して作成する必要があります。

純正キーには、カギを作ったメーカーの刻印がされていることがほとんどです。
コピーキーの場合は、カギのメーカー名が刻印されておらず、無記名となっていることがほとんどですので、見分けはつきやすいでしょう。

純正キーの場合は、最初カギを渡される段階で、三本用意されることが基本です。
マンションなどの賃貸物件の場合は、一本を大家さんが、二本を借主に渡すのが一般的でしょう。
メーカーによっては最初の段階で5本ついている場合などもあり、メーカーによって本数が異なります。

純正品の方がカギとしての精度が高いものの、日常生活で使う分には、コピー品とそこまで大差があるわけではありません。

子カギ、親カギってどんなカギ?

あまり聞きなれないカギの名前である、子カギ。
その名の通り、子供のカギの略で、純正キーのことを指します。

親カギであるマスターキーの子供的存在で、例えばマンションの場合、一つ一つの部屋を開けることが出来るのが子カギ、全部屋を開けられるのが親カギとなります。

マスターキーはこのように、賃貸物件やホテルなど、特定の建物一棟を対象として製造されていることがほとんどです。
万が一賃貸者や宿泊者に何かあった場合、即座に対応する目的で製造されていますので、こうした目的以外での製造は、お断りされることもあるでしょう。
また、学校などの特定の施設内でも、こうしたマスターキー、親カギが用意されていることも少なくありません。

一戸建ての部屋のカギをすべて開けられるようにしたいという場合などには、マスターキー依頼は的外れになりますので、注意が必要です。