滑りにくい鍵穴を使いやすく

slwor7uk

鍵穴が使いにくくなる原因

鍵穴は毎日鍵を差し込んで使う場所なので、摩擦で磨り減ったりゴミが入ったりして、自然と経年劣化して使いにくくなることも多いです。
鍵穴に不具合が起こる原因は以下のようなことがあります。

・鍵穴に異物が溜まる

鍵穴の埃やチリやゴミなどが入り、溝に入り込み鍵との噛み合わせを悪くしてい場合があります。
掃除機で吸い取ると改善されることがあります。

・鍵にゴミが付いている
鍵にゴミが付き鍵穴に合わなくなっている場合も多いです。
特にガムのようなものや、テープの粘着剤が付着してそこにゴミが付くようなケースもあります。
歯ブラシやスポンジなどで洗うと改善されます。

・鍵穴の潤滑剤が減る
鍵穴には潤滑剤が入っており、消耗して動作不具合が起こることがあります。
専用の潤滑剤を補充すると良いでしょう。

・合鍵の精度が悪い
合鍵を作った場合に、その制作精度が悪いために、抜き差しして使用している間にシリンダーを傷つけることがあります。
使用して違和感があるなら、その鍵は使わないようにしましょう。
無理に使用しているとシリンダーごと交換となります。

鍵穴が使いにくい場合の対処方法

鍵が回らなくなったり抜けないときは、以下のようなことをすると良いです。

・鍵穴を掃除する
まずやるべき事は、鍵穴を掃除することからです。
掃除機で吸い取ったり、エアダスターなどを吹きかけて掃除してみると、中のゴミが取れて綺麗になり、鍵が使えるようになるケースも多いです。

・鉛筆の芯を塗る
鍵部分に鉛筆の芯を塗り込むと、黒鉛の潤滑剤が鍵穴の動作をスムーズにして動きを改善してくれることがあります。
使う場合は多めに鍵に塗り込んで行ってみると良いです。

・潤滑剤を使う
メンテナンスを行うなら黒鉛ではなく、専用の潤滑剤を使った方が良いです。
メーカーから販売されている専用の潤滑剤がおすすめです。
研磨材入りのものもあるので、そのような潤滑剤は使いすぎると逆に不具合を起こすことがあります。
また食用油や市販の潤滑剤では、鍵や鍵穴を錆びさせて使えなくしてしまうことがあります。

もしも、鍵穴の調子が悪くなったとしても以下のようなことはしてはいけません。
鍵が挿した後に抜けなくなったら、無理に引き抜くのは止めましょう。
中で折れて、最悪の場合シリンダーごと交換となります。
無理だと思ったら鍵屋さんを呼びましょう。

掃除する場合でも爪楊枝などを差し込んで掃除するのは止めた方が良いです。
なかで爪楊枝が折れてしまってはとれなくなるので、やはりその場合もシリンダーごと交換となりお金がかかります。
鍵穴の掃除やメンテナンスをしていて、仮に鍵穴の状態を悪化させてしまった場合は、無理に自分で対処しようとせずに、鍵屋さんを呼ぶようにしましょう。