合鍵と純正キーの違い

合鍵は、純正キーから作成される

合鍵と純正キーは、同じカギを開けられることに変わりはありません。
ドアのカギや金庫のカギなど、特定のカギを開ける際に、どちらのカギでも問題なく開けることが出来るでしょう。

純正キーとは、メーカーが作成した純粋なキーのことを指します。
メーカーのロゴが入れられていることもほとんどで、作成された際には、数本がストックとして渡されるのです。
いずれもメーカーが直接作成した、正真正銘のメーカーキーと言えるでしょう。

ですが、合鍵はメーカーで作成したのではなくコピーキーとして作成されたカギのことを指します。
合鍵を作るためには、純正キーがないと作ることすらできません。
純正キーを合鍵として持っている場合は話が別ですが、合鍵は基本的に、純正キーをコピーした、コピーキーのことを指しますので、間違えないようにしましょう。

人にカギを預ける際には、純正キーの場合、コピーキー、合鍵を作ることが出来てしまいますので、できれば、事前に合鍵を作って渡すことをおすすめします。
合鍵であれば、勝手にコピーを作られることもありませんので、安心できるでしょう。

コピーの合鍵から合鍵は作れない

純正キーをコピーした合鍵からは、合鍵を作ることが出来ません。
合鍵で合鍵を作ろうとしても、お断りされてしまうことがほとんどですので、合鍵作成の際には必ず、純正キーを用意しましょう。

合鍵を作製する際には、お近くのキーショップに行き、合鍵を作製してもらいます。
合鍵屋さんとも呼ばれるお店ですが、スーパーや百貨店などに入っていることも多いため、お近くのお店を探してみてください。

また、鍵屋さんとして独立しているお店も多く、そういったお店であれば、依頼をすることが出来るでしょう。
カギのタイプや依頼する本数によっても異なりますが、早くて数時間、長くても数日間で合鍵ができることがほとんどですので、すぐにカギがほしい方にはおすすめです。
料金も一本数百円から請け負ってくれるお店も多いため、手軽に作成することが出来るでしょう。

純正キー紛失には要注意

純正キーを紛失してしまうと、合鍵を作ることが出来なくなります。
万が一紛失をしてしまった場合は、改めてカギのメーカーにお金を払って依頼する必要があるでしょう。
メーカーによっては、純正キーの複製を行っていないこともありますので、注意が必要です。

ただ、純正キーの依頼をするためにも、純正キーが必要ですので、純正キーのストックすらなくしてしまったらアウトです。
カギそのものを交換するという道しか残されていませんので、くれぐれもストックをなくしてしまわないように、取り扱いには十分注意しましょう。