滑りにくい鍵穴を使いやすく

鍵穴が使いにくくなる原因

鍵穴は毎日鍵を差し込んで使う場所なので、摩擦で磨り減ったりゴミが入ったりして、自然と経年劣化して使いにくくなることも多いです。
鍵穴に不具合が起こる原因は以下のようなことがあります。

・鍵穴に異物が溜まる

鍵穴の埃やチリやゴミなどが入り、溝に入り込み鍵との噛み合わせを悪くしてい場合があります。
掃除機で吸い取ると改善されることがあります。

・鍵にゴミが付いている
鍵にゴミが付き鍵穴に合わなくなっている場合も多いです。
特にガムのようなものや、テープの粘着剤が付着してそこにゴミが付くようなケースもあります。
歯ブラシやスポンジなどで洗うと改善されます。

・鍵穴の潤滑剤が減る
鍵穴には潤滑剤が入っており、消耗して動作不具合が起こることがあります。
専用の潤滑剤を補充すると良いでしょう。

・合鍵の精度が悪い
合鍵を作った場合に、その制作精度が悪いために、抜き差しして使用している間にシリンダーを傷つけることがあります。
使用して違和感があるなら、その鍵は使わないようにしましょう。
無理に使用しているとシリンダーごと交換となります。

鍵穴が使いにくい場合の対処方法

鍵が回らなくなったり抜けないときは、以下のようなことをすると良いです。

・鍵穴を掃除する
まずやるべき事は、鍵穴を掃除することからです。
掃除機で吸い取ったり、エアダスターなどを吹きかけて掃除してみると、中のゴミが取れて綺麗になり、鍵が使えるようになるケースも多いです。

・鉛筆の芯を塗る
鍵部分に鉛筆の芯を塗り込むと、黒鉛の潤滑剤が鍵穴の動作をスムーズにして動きを改善してくれることがあります。
使う場合は多めに鍵に塗り込んで行ってみると良いです。

・潤滑剤を使う
メンテナンスを行うなら黒鉛ではなく、専用の潤滑剤を使った方が良いです。
メーカーから販売されている専用の潤滑剤がおすすめです。
研磨材入りのものもあるので、そのような潤滑剤は使いすぎると逆に不具合を起こすことがあります。
また食用油や市販の潤滑剤では、鍵や鍵穴を錆びさせて使えなくしてしまうことがあります。

もしも、鍵穴の調子が悪くなったとしても以下のようなことはしてはいけません。
鍵が挿した後に抜けなくなったら、無理に引き抜くのは止めましょう。
中で折れて、最悪の場合シリンダーごと交換となります。
無理だと思ったら鍵屋さんを呼びましょう。

掃除する場合でも爪楊枝などを差し込んで掃除するのは止めた方が良いです。
なかで爪楊枝が折れてしまってはとれなくなるので、やはりその場合もシリンダーごと交換となりお金がかかります。
鍵穴の掃除やメンテナンスをしていて、仮に鍵穴の状態を悪化させてしまった場合は、無理に自分で対処しようとせずに、鍵屋さんを呼ぶようにしましょう。

防犯性能の高い鍵はどんなものか

防犯性能が高いとはどういうことか?

空き巣の手口としては、ピッキングや鍵破壊など、やはりドアや窓の鍵を壊して侵入するケースがほとんどです。
空き巣はまずは侵入の前に鍵を壊す作業を行うのですが、多くの空き巣は侵入に5分以上かかる場合は、その物件への侵入を諦めるというデータがあります。
つまり防犯性能を高めるには、鍵を不正解錠するのに5分以上かかる鍵がそうだと言えます。

そして鍵にはCP-Cの認定制度があり、これはCrime Prevention Cylinderの略語であり、その鍵をピッキングして開けるのにどれぐらい時間がかかるか検査する仕組みです。
検査では耐ピッキング性能として、ピッキング試験を3回行います。
また鍵の耐久性や取付けに関して防犯上支障がないかも調べられます。
そしてこれらの試験を通過し、ピッキングで5分以上かかると認定されると、CPマークが取得できます。

鍵の種類

それでは防犯性能の高い鍵をいくつかご紹介します。

・カバスターNEO
2007年に発売されたカバスターの最新シリンダーです。
次世代のディンプルーシリンダーです。

・V-18
米国のUL防犯規格に登録されたドリル破壊に強い鍵であり、スペアは一般の鍵屋で作ることは出来ません。
リバーシブルタイプではないので少々扱いは難しいです。

・FBロック
世界最高水準の防犯性能を持つ鍵ですが、合鍵を作る場合にはカード番号の照合が必要です。

・PRシリンダー
ディンプルキーの中でも唯一ディスクタンブラーを採用しています。

・GRAND-V
防犯性が高い割には使い勝手も良くスペアも作りやすい鍵です。
一般にも多く普及しており、鍵の複製には鍵にあるセキュリティIDNoが必要です。

鍵交換

最近販売されている鍵は、リバーシブルタイプやディンプルキーは防犯性が高いですが、数十年前のアパートなどはピッキングされやすい鍵を使っているところも多いです。
シンプルな構造の鍵ほどピッキングしやすいので、鍵を見ても防犯性が高いかどうかある程度わかります。
防犯性の高い鍵に交換する場合は、1カ所で1万円から3万円ぐらいかかります。
もしも交換するなら1カ所ではなく、家の鍵すべてを交換した方がいいでしょう。
また鍵の寿命は一般的に10年と言われています。
長い期間使っている鍵があるなら、交換する時期になっているかもしれません。

鍵を交換したとしても、そこの住人の意識も大切です。
家を空けるならすべての窓の鍵がしめて家を出るようにしましょう。
また風呂場やトイレの窓など、小さい窓で格子がついている場所も空き巣にとっての侵入口です。
格子は簡単に外れてしまいますので、やはり風呂場やトイレの窓もしめて外出するようにすべきです。

空き巣に入られたら

警察に通報

空き巣に入られたら犯人がいないことを確認したら、まずは警察に通報しましょう。
警察が到着すると現場検証を行いますので、到着までは部屋の中の物に触らないようにします。
警察がくるまでは現場保存をしておくようにし、そして警察がきたら指紋採取など一通りの現場検証が行われます。

また自分で犯人を捜すようなことはせずに、被害にあってもやたらとその状況を周囲の人に話すのは止めましょう。
このような行動は犯人を再びおびき寄せたりして、あなたの命も危険になることがあります。

警察と一緒に被害状況を確認するなら、何が盗まれているか把握しましょう。
普段は使わないようなアクセサリーなどが盗まれていることもあります。

警察に届け出る

一通り確認したら、今度は警察に盗難届を提出しましょう。
念のために盗難届はコピーをもらっておいた方が良いです。
盗難届の受理番号は、保険申請などで必要なので、忘れずに聞いておきましょう。
保険証が盗まれているなら、保険組合にも盗難届を出しましょう。
印鑑証明書や印鑑が盗まれた場合は、すぐに法務局へ盗難届を出して、使用停止と改印手続きをしていきましょう。
カードなどが盗まれた場合は、金融機関に盗難届を出して使用停止手続きをします。

空き巣と遭遇した場合

もしも家に帰ってきたとき、空き巣が家の中にいることが分かり相手が築いていない場合は、そっとすぐに家の外に逃げて警察に通報しましょう。
もしも空き巣と遭遇して相手がこちらに気づいたときは、たとえ護身用具になりそうなものが近くにあったとしても、無闇に空き巣と対決することは避けましょう。
相手がナイフなどを持っていることもあります。

まずは大声で周囲に空き巣が入っていることを叫んで知らせることがよく、大声を出すと空き巣は怯んで逃げることもあります。
空き巣がそのまま襲ってきた場合でも、出来るだけ逃げるようにして最大限戦うことは避けましょう。

防犯対策

窓などが壊されているなら、後で修理することとなります。
もしも鍵が壊されているなら、鍵が複製された可能性があるので、鍵ごと交換した方がいいでしょう。

鍵交換をする場合は、信頼の出来る業者を探して交換を頼むべきです。
安いからなどの理由で業者を選ぶと、何かトラブルになることもあり、最近は鍵業者とのトラブルも増えています。

また補助鍵や複製しにくい鍵に交換するなどのことを行い、空き巣が二度と入らないように防犯対策をしておきましょう。
また家を空けるときは、すべての窓の鍵を閉めるようにしましょう。
小さい窓だからと思って開けておくと、そこから空き巣に侵入されることもあります。
窓に付いている格子もあまり過信してはいけません。