鍵の交換

slwor7uk

もし鍵が壊れてしまったり、調子が悪かったりした場合、鍵の交換が必要になる可能性があります。
壊れていなくても、鍵を交換するケースがありますね。
どういった時に鍵を交換する必要が出てくるのでしょうか。

より強固な鍵に付け替えたい

この理由で鍵を付け替える人は少なくないのではないでしょうか。
最近は「ピッキング」「サムターン回し」などの被害が報告され、ちょっとした合間に空き巣が入ることもありますよね。お出かけをしている間だけでなく、ちょっとゴミ捨てに行っている間に空き巣に入られることもあります。
このように、ちょっとのスキを突いて侵入してくる空き巣を防ぐために、強固な鍵に付け替えたいと考える人が鍵の付け替えを依頼するケースが増えています。
特に注意したいのが「ディスクシリンダー」と呼ばれるタイプの鍵ですね。
ディスクシリンダーは、横からみると「く」の字になっている鍵のことで、両脇に溝があることが大きな特徴の鍵です。この鍵を差し込むと、鍵穴の中で溝が嵌ってくるりと回すことができるようになるのですが、非常にピッキングをしやすい鍵なので現在は「使っていない」というところも多くなっています。
このため、ディスクシリンダーを使っている家が鍵交換をするというケースも増えています。

今はあまり使われていないと言っても、古い家や賃貸物件だとこのディスクシリンダーを使っているところがまだまだ多いので、できればはやめに交換しておくことをお勧めします。
ディスクシリンダーは泥棒からとても狙われやすい鍵でもありますので、注意をする意味でもきちんと鍵交換をされることをお勧めします。

鍵が壊れてしまった

長く使っていれば、鍵が壊れてしまうこともあります。
鍵が壊れてしまえばトラブルにもつながるので、早めに交換されておくことをおすすめします。
鍵の壊れ方にもいくつかあって、中が壊れていて鍵が回らなくなることもあれば、鍵が抜けなくなるトラブルも。
こういったことがあったら、すぐに鍵屋に連絡をして交換してもらうようにしましょう。

鍵をなくしてしまった

鍵をなくしてしまうと、鍵をそのまま使い続けることが難しくなりますよね。
なので、鍵をなくしてしまった場合も鍵をきちんと交換しましょう。
もしかすると、そのなくしてしまった鍵を使って誰かが空き巣に侵入するかもしれませんよね。
そういったことがないように、できるだけ鍵をなくしたときの対応をされておくことをお勧めします。